みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 DHC会長の吉田嘉明さんの命式

2020/12/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

 

今回はDHC会長吉田嘉明さんの命式を見てみたいと思います。

吉田嘉明さんはDHCの創業者でもあり、現在は同会社の会長やCEO を務められています。DHCは化粧品やサプリメントなどで有名な会社でテレビCMも良く流れています。吉田会長は現在80歳前のご高齢ですがこの数年何度か在日朝鮮人の人達に対する差別的な発言をされて問題になっています。一部の人達からはDHCの商品はもう買わないなどどいった声も聞かれます。僕もその記事を見てみましたが、たしかに少し過激な発言もありました。

ではその吉田嘉明さんの命式です。

  • 年柱 庚 辰 傷官 衰
  • 月柱 己 丑 比肩 墓
  • 日柱 己 卯    病

現在の大運は2011年70歳の年から偏印です。

吉田さんの日干です。己の人は堅実でマイペースです。落ち着きがあって保守的です。色んな才能を持っていて、何をやらせても人並み以上にこなすような人です。常識人で勉強家で良い意味で計算高さも持っています。人を受け入れる器の大きさを持ちます。本心をあまり出さないところがあります。同じ己の有名人は北島三郎さん、アントニオ猪木さん、秋元康さん、有田哲平さん、林修さん、山本太郎さん、アンガールズ山根さん、松坂大輔さん、長友佑都さん、中島みゆきさん、山口百恵さん、ベッキーさん、水卜麻美さん、山口もえさん、米倉涼子さん、平手友梨奈さん等です。

通変傷官比肩があります。性格をより表す月柱には比肩があります。比肩の人は自我意識が強く、自分の意見をはっきりと人に言えます。頭の回転も速く、自立心も強いです。吉田さんもそうですが、やはり起業家の人が多いです。あと人に命令されるのが嫌いですし、一人でも平気で過ごせる人です。年柱は傷官です。傷官の人は感受性がとても鋭く、人のちょっとした一言にもイラっとしたり反抗的になります。ただ、感性が強く磨かれるので、文才や芸事、職人的な仕事には才能をとても発揮します。吉田さんは年柱の12運が強いのでこの傷官は強く出やすいのかもしれません。

12運衰、墓、病です。月柱のは深くまで考える人です。なので研究には向きます。直観力も鋭いです。年柱のはセンスのある人で運気的にも強い方です。落ち着きを持っていて、人のサポート役がとても上手です。日柱のはとにかくこだわりが強い人です。一つの事に固執してしまします。見た目は優しそうに見えるので人から親切にされます。

吉田嘉明さんの大運の巡り

吉田さんの立運は1歳の年です。最初の大運は傷官でした。傷官の時期には感受性が強まり、反抗的になったり、イライラする事が多い時期です。子供の頃の傷官ですので気難しく扱いづらい子供だったのではないかと思います。

1951年10歳の年に大運は食神になります。食神の時期にはおおらかさが強く出ます。マイペースで人懐っこい性格が強く出ます。金運、対人運、異性運もとても良いです。 吉田さんは同志社大学を卒業されているそうですので、この時期は楽しく過ごせた時期なのではないかと思います。

1961年20歳の年に大運は正財になります。正財の時期には運気はとても強くなります。金運対人運、異性運ともに好調で楽しき卯過ごせる時期になるでしょう。この正財の時期には性格的にはおとなしさが目立ちます。保守的になり、あまり、たくさんの人との交流は好みません。

1971年30歳の年に大運は偏財になります。偏財の時期もとても運勢の強い時期で活動量もとても増えます。楽しいことが多くなり、人生を謳歌する時期です。吉田さんはこの大運と自分の命式に相性の悪い部分もありますので少し凶作用が出ます。吉田さんは1972年にDHCを創業します。

1981年40歳の年に大運は正官になります。この大運が吉田さんにとっての一番の悪い大運でした、正官は真面目でエリート志向の面が強く出ます。会社員であれば出世に縁のある時期となります。 コツコツとやっていくのも苦になりません。

1991年50歳の年に大運は偏官になります。偏官の時期はとてもストイックさが出て、色んなことに挑戦していきますし、危険な事があってもあえてその中に飛び込んでしまうようなこともあります。とにかく頑張りすぎるのでしんどくなることも多くなります。吉田さんはこの大運と命式の相性が少し良くないところがありますので凶作用も出ます。自分の行きたい生き方とギャップが出てしまったりすることも多くなるかもしれません。

2001年60歳の年に大運は印綬になります。印綬の時期には真面目さが強く出ます。あまり活動的にはなりません。家にいる時間も多くなります。研究や学問には才能を発揮します。古風なものや伝統的なものに強く興味を惹かれます。

2011年70歳の年に大運は偏印になります。偏印の時期には芸術や芸能、音楽などの才能を発揮したり、アイデア等、ひらめきにはとても強い時期です。また、神秘的なものに惹かれたり、今までやってきたことを無意識に壊してしまおうとします。なので変化は多くなります。偏印は安定を好みませんので、壊すという作用が出てきます。吉田さんはこの大運の時期によく差別的な発言をされていますが、これも偏印の作用が強く出たためだといえると思います。偏印は争いを起こす事も好みます。なので不安定な時期になりがちです。

2021年80歳の年に大運は劫財になります。劫財の時期には自我意識が強くなります。自分の意見をはっきり言えますし、人から指図されることも嫌います。ただ劫財の時期には仲間意識も強くなりますので、年齢肩書問わず、誰とでも友達のように接する事が出来るようになります。ハイリスクハイリターン的な考え方をします。

吉田嘉明さんの命式と大運の巡り方を見てきましたが、吉田さんの情報が少ないのであまり検証は出来ませんでしたが、たびたびの問題発言については命式をみても明らかにそういう発言をしそうな命式をしている方です。通変を見ると月柱に比肩があり年柱に傷官があります。比肩は自我意識が強く、自分の思っていることをストレートに言いますし、年柱の傷官は過激な発言も簡単にしてしまいます。感情に任せて、強い言葉を出してしまいます。12運を見ても日柱にがあり、こだわりの強さ表しています。なのでこれはもう吉田さんのこだわりと言えますので本人の考えから来ている言葉でしょうから、失言というわけでは無く、本心から出ている言葉なのだと思います。月柱にはがありますので、とても考えが深い人ですので、何か自分なりの考えがあってああいう発言をしているのでしょう。日干ですので、あまり本来は争いは好まないはずです。人も受け入れる器の大きさも持っているはずですので何らかの計算も有っての発言なのかもしれません。ただ、大運は平和や安定を好まない偏印の最中でしたので、その辺を考えると、少し大運の悪い影響も受けたのかなとも思います。

吉田さんはこの後劫財の大運に入ります。今まであまり安定しない大運が多かったのでこの劫財の時期は比較的安定する時期ですので、少し運気的に見ると回復しているといえます。

運気の事で言うとこの吉田さんも若い頃にとても運気の良い大運が連続してきていました。10歳の年からは食神。20歳の年から、正財。30歳の年から偏財です。DHCを作ったのは31歳の年ですが、とても運気の良い時期に作っています。その前も運勢的にはずっと良かったので、会社を作る前もたくさんの人の助けを得られていたのではないかと思います。会社を作った時にもその時までに出来た人脈も関係しているかもしれませんね。

それではこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2020 All Rights Reserved.