みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 米村でんじろうさんの命式

 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回はサイエンスプロデューサー米村でんじろうさんの命式を見てみたいと思います。

米村でんじろうさんはダンボール箱の中に煙の入った空気を入れて、ダンボールに作った穴からその煙を出す、いわゆる空気砲などで有名になった人です。元々は高校の理科の先生をしていましたが、世の中の人達に科学の面白さを伝えようとサイエンスプロデューサーという名前でテレビなどの世界に出てくるようになりました。そして空気砲や静電気を使った実験、液体を使った実験などで人気を得ました。今では米村でんじろうさんの名を冠した冠番組までできています。(この間、2020年10月にトレンディエンジェルの斎藤さんが米村さんの番組の実験で大けがをしたという報道がありましたが、この実験には米村さん自身も米村さんの運営する会社も関わっていなかったそうです。)

ではその米村でんじろうさんの命式です。

  • 年柱 乙 未 偏印 冠帯
  • 月柱 戊 寅 傷官 死
  • 日柱 丁 未    冠帯

現在の大運は2018年63歳の年から偏財です。

米村さんの日干です。日干の人は楽天的で温和で人情に厚いです。ただ、競争意識が強く、時に自分本位になることもあります。地味な平凡な生き方を嫌います。洞察力があります。散財しやすいです。丁の他の有名人は黒澤明さん、ビートたけしさん、所ジョージさん、徳光和夫さん、小沢一郎さん、笑福亭鶴瓶さん、太田光さん、上田晋也(くりぃむしちゅー)さん、大吾(千鳥)さん、矢沢永吉さん、長淵剛さん、黒柳徹子さん、松田聖子さん、久本雅美さん、浜崎あゆみさん、宇多田ヒカルさん、新垣結衣さん、広瀬すずさんなどです。

通変偏印傷官です。性格をより表す月柱には傷官があります。傷官の人は感受性が強く、ちょっとしたことにも引っかかり、イラっとしたりしますし、この性格がストレートに出ない場合は皮肉っぽいところがあります。米村さんの月柱の12運は死ですので、ストレートに感情を出すのではなく、皮肉っぽく相手に仕返しするタイプとなります。この傷官は繊細なのでとても言葉の使い方がうまかったり、文才が有ったり、職人的な仕事に才能を発揮したりします。年柱は偏印があります。偏印は芸術や芸能、音楽にとても強い才能を発揮しますし、興味もとても持ちます。アイデアも鋭い物を出してきますので、アイデア勝負の仕事にはとても向いています。この偏印は地道な作業をずっとやっていくのには向いていません。とても苦痛を感じたり飽きます。偏印は破壊と創造の星と言われるように、変化の多いことも示します。米村さんは高校の教師を辞めましたが、この偏印の影響もあったかもしれません。

12運冠帯、死、冠帯です。年柱と日柱に冠帯がありますので、米村さんは冠帯の影響を強く受けます。冠帯の人はポジティブで行動力があります。服装も華やかなものを好みますしそうした方が運気的にも良いです。米村さんはあまり華やかな服装をしているところを見たことが無いですが、もう少し、華やかさがあった方が、この冠帯の良さが出るように思います。また、冠帯は喧嘩っ早い所もあります。月柱のは心配性を表します。ついマイナス思考になりがちです。直観力は強いです。神仏の影響を受けやすいとも言われます。

◎米村でんじろうさんの大運の巡り◎

米村さんの立運は3歳の年です。最初の大運は比肩です。比肩の時期には自我意識が強くなり、自分の意見をはっきり言えるようになります。自分の好き嫌いですべてを決めるようなところが出ます。頑固で一人で過ごす事も多くなります。

1968年13歳の年に大運は劫財になります。劫財の時期には比肩の時期と同じく自我意識が強くなりますが、この劫財の時期には仲間意識が強くなります。なので年齢肩書を問わず友達のように接することが出来るようになります。また、ハイリスクハイリターンな考え方をします。野心を強く持つ場合もあるかもしれません。なので豪快さが出てきます。米村さんはこの時期には部活も科学部に入ったり、この頃から実験が好きだったようです。通偏に偏印がありますのでそういったものに興味を持つのかもしれません。以後現在に至ってもまだまだ実験にはとても興味を持たれているようです。

1978年23歳の年に大運は偏印になります。偏印の時期は芸術や芸能、音楽に強く興味を持ったり、その才能を発揮したりします。また、アイデアも良いものが出てきますのでそういったものを生かせる生き方をするとうまくいく時期です。ただ、この時期には現実感が薄れますので現実逃避的な生き方をすることも多くなります。空想に世界に入り浸ったりという事も多くなるでしょう。米村さんはこの時期には大学、大学院と進みます。米村さんはこの時期は社会に出たくないという理由で勉強を続けていたそうです。偏印の時期にはそういった現実の世界に対する否定的な見方や恐れなども感じやすいです。米村さんは大学院卒業後に大学に研究生として残りますが、この時に自由学園という自由な校風の学校で講師をしますが、この時にした実験の授業が米村さん自身も楽しく、学校の教師を目指すことになります。1985年から高校の理科の教師になります。この選択は米村さんの命式からも大運からも良い選択だったように思います。

1988年33歳の年に大運は印綬になります。印綬の時期には学問や伝統などに強く影響を受けます。吸収力も高い時期ですので色々な研究にとっても良い時期です。印綬は母性父性、実家などにも縁があります。米村さんはこの時期にも実験の授業を重要視して教師として頑張ります。この大運の時期に米村さんはNHK教育テレビの実験番組のお手伝いなどの依頼儲ける事になります。ここから米村さんはテレビ出演や講演会などをするようになります。1996年には教師を辞め、サイエンスプロデューサーとしての仕事を始めます。1996年は劫財の年で1997年は比肩の年です。比肩劫財は独立したくなる時期です。この仕事はテレビなどでも取り上げられ、楽しそうな実験で遊ぶ子供たちの姿などから人気を得て、うまく軌道に乗ります。

1998年43歳の年に大運は偏官になります。偏官の時期はストイックさが強く出てきます。一生懸命になり過ぎてしまうような時期です。変化も多くなります。前へ前へ進む時期で危ない橋があっても何故か考えもせず渡ってしまうような時期です。この1998年に米村さんは米村サイエンスプロダクションという会社を立ち上げます。米村さんの仕事はどんどん忙しくなっていきます。この大運の時期には大学で客員教授を務めたり、海外にまで行って実験の授業をしたり、偏官の時期らしい動き回る時期でした。

2008年53歳の年に大運は正官になります。正官の時期は真面目さが強く出ます。品格を大事にしますし、権威権力にも欲が出てきます。また実際に誰かから評価も受ける時期です。サラリーマンなら出世に縁がある時期です。この大運は米村さんの命式と少し相性の悪いところが出てきます。出てくる現象としては対人トラブルや、怠け心などから来るトラブル、神経の過敏さが強く出るなどです。米村さんはこの時期も各地で講演したり、テレビ出演したり、全国的に人気を得ていました。

2018年63歳の年から大運は偏財になります。偏財の時期には運勢はとても良くなります。この偏財の時期は行動的で、色んなことのチャレンジしたり、良い人脈が出来たり、とてもたのしい時期になります。米村さんはこの大運と命式が少し相性の悪いところがありますので、少し凶作用も受けます。慎重さに欠けた行動や、見切り発車的な事で失敗は出やすいです。ただ大運自体は良い運気の時期ですのでそれほど心配はしなくていいとは思います。米村さんは2028年からの大運も正財で良い大運です。これからもどんどんこの仕事を広げていってほしいなと思います。特に今の偏財の時期は行動力もありますので、海外などでの講演や授業もしていっても良い結果が得られると思います。実験で楽しく学べるというのはとても素敵な事だと思いますので、このお仕事でたくさんの人の笑顔を生みますようにお祈りします。

米村さんの命式と大運を見てきましたが、やはり、日干のと通変の偏印が強く働いているのだなと思いました。日干の人は平凡な生き方を嫌います。高校の理科の教師の楽しさを発見して教師になったのは良かったのですが、やはりそれだけでは満足できなかったようです。ここには通変の偏印も影響しているのでしょう。偏印は変化を促しますし、ずっと地道な作業をするのは苦手です。変化や、平凡ではない仕事、想像力を駆使する仕事、このすべてを叶える仕事、そんなのはなかなか見つからないかもしれませんが、この全部を叶える仕事を米村さんは自ら作ってしまいました。サイエンスプロデューサーとして米村さんは生き生きとして仕事を始めました。その仕事は軌道に乗り、日本中の人が知る人となりました。ご自分の命式をうまく生かした生き方だと思いました。大学時代、大学院生時代は社会に出たくないとまで言っていた人が今や社会に出まくりです。海外にまで仕事で飛んでいっています。ご自分の命式を生かしたとても素晴らしい生き方だと思いました。

米村さんは多分ご自分の命式を知らないと思います。でもうまく自分の生き方を見つけましたが、これは自分の好きな分野、得意な分野の道に強く進もうとした結果だと思います。通変や日干を知らなくても深層心理内にはこの得意分野は自分の好きという気持ちとして現れていると思います。米村さんは大学時代、大学院生時代、社会に出たくないという気持ちを持っていましたが、これは普通の仕事に就きたくないという気持ちの表れだと思います。大学生時代までは世間をあまり知りませんので、色んな職種があることもあまり理解していなかったでしょう。大学を卒業したら、何らかの会社などで働くというのはある種の常識的な考えとなっていたと思います。ただ、日干の人には普通の生き方を嫌うところが出ますし、通変偏印も同じような働きがあります。なので社会に出る事に拒否反応が出たり、恐怖心が出たりすることはあると思います。しかし、実際社会と触れていくうちに、自分の得意分野、好きな事ををそのまま仕事に出来るという事に気づきます。そして、それは理科の教師を経て、サイエンスプロデューサーという形に変わっていきます。自分の命式を知らなくても自分の好き、得意分野を突き詰めていった結果とても良い形となって社会で活躍する事になりました。このように命式を見ると自分の得意分野は簡単に知ることが出来ますが、それは自分の深層心理内にあるものですので、自分の心の声に耳を傾けてみても自分の命式を予測する事は出来ると思います。ご自分の好き(な分野)を大事にして生きていくことが大事だと思いました。

それではこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2020 All Rights Reserved.