みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 山本太郎さんの命式

 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回は山本太郎さんの命式を見てみたいと思います。

山本太郎さんは今はれいわ新選組に所属する政治家ですが、昔は天才たけしの元気が出るテレビという番組の「ダンス甲子園」というコーナーで面白いダンスをして笑いをとっていました。ダンス甲子園という名前の通り高校生がダンスを競うコーナーでした。多くの人達は真面目な普通のヒップホップなどのダンスで技術を競っていましたが、山本太郎さん等の少数の人らは面白い動きで笑いを誘うダンスで参加していました。当時の山本さんの服装も競泳用の水泳パンツに黄色い水泳キャップで出場していました。僕もその動きや彼のキャラクターにテレビの前で大笑いしていました。

その後彼は俳優などを経て政治家に転身されました。高校生当時の彼から考えると凄い転身の仕方のように思えます。しかしあれから数十年もたっていますので、彼にとっては自然な流れだったのかもしれません。未だにYouTubeなどで彼のダンス姿は見られますので興味のある方は見てみて下さい。メロリンQなどで検索すると出てくると思います。とても面白いと僕は思って見ていました。

では、山本太郎さんの命式です。

  • 年柱 甲 寅 正官 死
  • 月柱 乙 亥 偏官 胎
  • 日柱 己 巳    帝旺

現在の大運は2018年44歳の年から傷官です。

山本さんの日干です。己の人は色んな性能を持っています。なんでも普通以上にこなせる能力があります。堅実でマイペース、保守的で倹約家です。常識人で勉強家でもあり、良い意味で計算高さも持ちます。本心をあまり出さない所もあります。己の他の有名人は。北島三郎さん、秋元康さん、林修さん、有田哲平さん、アントニオ猪木さん、松坂大輔さん、長友佑都さん、アンガールズ山根さん、中島みゆきさん、山口百恵さん、ベッキーさん、米倉涼子さん、水卜麻美さん、山口もえさん、平手友梨奈さん、永野芽衣さん等です。やはり頭の良い才能豊かな人が多いように見えます。

通偏正官偏官です。性格をより表す月柱は偏官です。偏官の人は責任感が強く負けず嫌い。少し堅苦しいところがあります。一生懸命になりすぎる所もあります。自分を押し殺してでも頑張ってしまうところがあります。困っている人を見るとほっておけません。思ったことが顔に出やすいです。年柱の正官は真面目で品格のあるエリート志向のタイプです。権威や権力に執着しますしブランドや権威に弱いです。正官とはもともと真面目なお堅い役人さんの意味です。山本さんは両方とも官星ですので、本来はとても真面目で責任感の強い人という事になります。

12運死、胎、帝旺です。月柱はです。胎の人はピュアで子供っぽい所を持ちます。常に理想を追って生きます。飽きっぽく何かを辞める事も多いでしょうが、その時々で自分に最適なものを探している最中ですのでいろんな経験を積むのは後に役立ってくることも多いです。純粋なので人の言う事を真に受けてしまうところは注意です。年柱はです。死の人は心配性です。ついマイナス思考になってしまいます。排他的な部分もあります。日柱の帝旺は運気的にはとても良いです。ただ、人に対して横柄な態度になったりわがままで自己中心的になったりもします。特に何の目的もなくフラフラ生きている時にそういう性格が出やすいですので、帝旺のある人は常に何か目標を持って生きるのが良いです。そうすることで帝旺の運気の良さも余すところなく発揮出来るでしょう。

さて、山本太郎さんですが、お笑い(ダンス)、俳優、政治家と、全く別ジャンルの仕事を渡り歩いてきました。政治家としてはこれからどうなるのか分かりませんが、お笑いでも俳優でもなかなかの活躍をしました。山本さんは12運で胎がありますので色んな世界を渡り歩くところはもともと運命として持っていたのかもしれません。政治家にたどり着いたのは通偏に官の星が2つもあります。官はもともと役人を表します。その性格は真面目で責任感が強いです。己の頭の良さと器量の良さ、計算高さをもってすれば政治の世界でも活躍されるかもしれません。

では山本さんの大運を見てみましょう。

◎山本太郎さんの大運◎

山本さんの立運は4歳の年です最初の大運は印綬です。印綬の時期は真面目ですし家族との関係も良好な事が多いです。真面目で親思いな子供時代だったのではないかと思います。

1988年14歳の年から大運は偏印に変わります。偏印は芸術や音楽、芸事に興味が強くなりますし、能力も上がります。好奇心旺盛になり、変化が多くなり安定した生活にはなりません。単調な生活は向きません。山本さんはこの頃に芸能の才能が開花して元気が出るテレビのダンス甲子園に出場したのでしょう。芸能界にも興味が強く湧いたのかもしれません。実際彼はこの時期テレビの世界で活躍しました。

1998年24歳の年に大運は劫財になりました。実はこの劫財の大運は山本さんの命式ととても相性が悪い大運でした。劫財の悪い部分がとても出やすい時期です。劫財ですので金銭トラブルや人間関係でのトラブルが多かったかもしれません。

2008年34歳の年に大運は比肩になります。この大運もあまり山本さんの命式と相性が良くありません。命式と大運の関係上こうして良くない時期が数十年続く人も少なくはありません。この時期は不遇の時期という事にはなりますが、四柱推命によって事前に知っておけばある程度の対策は打てます。知っておくことも大事なのです。この比肩は自我の強さや独立心が起きる時期です。山本さんの場合はこの比肩の相性があまり良くないので悪い方の影響も出たかもしれません。自我が強すぎて誰かと対立するとか、自分の理想の世界になかなか到達できなかったりとか言う現象がありがちな時期でした。

2018年44歳の年から大運は傷官になります。傷官は反抗期の少年に例えられますが、感情が強く出ます。小さなことにイラっとしたり、他人のちょっとした一言に食いついたりしやすいです。ただ感受性が高まる分、文才や職人的な力は上がります。芸事にも良いでしょう。山本さんのこの大運はまだ少し相性の悪さが残りますので他人との衝突や仕事関連にも細心の注意が必要ですが、少しずつ運気は回復してきていますので、気持ち的にはかなり楽になります。傷官の時期は一匹狼的な生き方になりますが、才能は花開きますので、仕事面では力を発揮出来やすい時期です。

◎まとめ◎

山本さんは命式自体は弱い訳ではありませんが、逆境が多いタイプのように思います。時柱が分かりませんのでこの先の事は詳しくは分かりませんが、大運で見るとこの先(2028年からの大運)は食神、正財、偏財と続きますので運勢的にはとても良い時期という事が出来ます。大器晩成タイプなのかもしれません。山本さんは1998年からの劫財の大運(10年運)が悪かったし、その後もしばらくはすこし雲がかかったようなスッキリしない運勢が続くタイプです。こういうタイプの人はその時期は援護も無く厳しい時代を過ごす事が多いです。この大運はかなり運勢は良くなってきていますので、今までの鬱積した気持ちを晴らすには良い大運かもしれません。この時期も万全とは言い切れませんがかなり運気は回復していますので、色んな事に挑戦されるのも良いと思います。また、政治の世界に入ったのも彼の性格からはとても納得できますし、活躍も出来るのではないかと思います。

それでは今回はこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2020 All Rights Reserved.