みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 漫画家の冨樫義博さんの命式

 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回はハンターハンター幽遊白書の作者の冨樫義博さんの命式を見てみましょう。

冨樫義博さんは代表作の幽遊白書やハンターハンターでおなじみの人気漫画家です。この代表作2作品だけのコミックス売り上げだけでも1億2000万部を超えます。幽遊白書もハンターハンターもテレビアニメ化されそちらも人気がありました。

冨樫義博さんの命式です。

  • 年柱 丙 午 比肩 帝旺
  • 月柱 壬 辰 偏官 冠帯
  • 日柱 丙 辰    冠帯

現在の大運は2018年52歳の年から食神です。

冨樫さんの日干です。丙の人は明るく華やかで活動的です。すぐにその場の中心人物になることも多いです。ただ、競争意識が強く、自分本位になったり、攻撃的になったりもします。その時の気分に左右されやすいです。喜怒哀楽がはっきり出ます。人との付き合いは短期で終わる事も多いです。平凡で地味な生き方を嫌います。頭の回転が早いです。丙の他の有名人はいかりや長介さん、志村けんさん、池上彰さん、野村克也さん、さだまさしさん、鳥山明さん、二宮和也さん、坂上忍さん、又吉直樹さん、村田諒太さん、はじめしゃちょーさん、八村塁さん、新海誠さん、上戸彩さん、橋本環奈さん、柴田理恵さん、イモトアヤコさん、阿川佐和子さん等です。

通偏比肩偏官です。性格をより表す月柱は偏官です。偏官は負けず嫌いで責任感も強いタイプです。とにかく一生懸命になってしまいます。自分を押し殺してでも頑張ってしまうときもあります。困っている人を見るとほっておけません。思ったことが顔に出やすいです。年柱の比肩は自分の意見をはっきり言える人です。とても頑固で時にわがままになります。独立心も強く人に命令されるが嫌いです。能力的に高く頭の回転が早いです。自分の意見を押し通そうとする所があります。

12運帝旺、冠帯、冠帯です。月柱と日柱は冠帯です。冠帯の人はポジティブで行動的です。服装も華やかな物を好みますし、そうした方がこの冠帯の人の好さが出ます。地味に生きるより派手な華やかな部分を出していった方がこの冠帯は輝きますし、運気も良いです。年柱は帝旺です。帝旺は運気的にはすごく良いですが、時に、大柄な態度になったり、横暴さが出てしまう事もあります。特に何の目的もなくフラフラと生きている時にそういった態度が出てしまいやすいです。なので帝旺のある人は何か目標を持ち、それに向かって一生懸命生きていると、持ち前の運勢の良さも手伝って、何かを達成させる可能性は高いです。

冨樫義博さんの大運の巡り◎

冨樫さんの立運は3歳の年です。最初の大運は正官です。正官ですので、真面目で優等生タイプになります。親に言われなくてもちゃんと勉強もするような親の手のかからない子ども時代を過ごすような運気の時期です。

1978年12歳の年に大運は偏印になります。偏印は芸術や芸能、音楽などに興味を持ちますし、才能も発揮できる時です。この大運の1987年にジャンプの漫画賞で受賞したのをきっかけに漫画家としてデビューします。偏印の時期には運気的にはそれほど高くはなりませんが、アイデアが次々浮かんだり、仕事によってはとても才能を発揮できます。

1988年22歳の年に大運は印綬になります。印綬の時期も芸能関係の才能は発揮しますが、偏印の時期ほどではありません。ただ、研究や勉学などの力は発揮されますので、文化的な才能には長けている時期といえます。また、伝統や家族関係の方に興味が向きます。冨樫さんはこの大運の中、1989年から連載漫画を描き始めます。この連載はあまり続きませんでしたが、次の作品があの幽遊白書で1990年から連載をスタートします。幽遊白書は最初は主人公の少年とその若い母親との関係が描かれていました。また、色んな家庭の子供たちを助けたりする話も多く描かれました。これも家族や伝統を意味する印綬の影響があったのかもしれません。幽遊白書は1994年まで続きます。

1998年32歳の年に大運は比肩になります。比肩の時期には自我意識が強まり、自己主張が強くなります。独立精神も強くなり、サラリーマンの人でしたら、この大運の時期に独立を考えたりすることも多くなります。この大運になった大運の切り替わりの年にハンターハンターの連載が始まります。この漫画も大運の通り、少年がハンターという職業を目指して成長していくところが比肩の独立、自我意識と一致しているところも面白いです。

2008年42歳の年に大運は劫財になります。劫財の時期には自我意識は比肩の時期同様に強く出ますが、この劫財の時期には仲間意識も強くなります。なので、色んな人と、年齢肩書問わずに仲良くなったりもしますし、色んな人との付き合いがあった方がこの大運の良さが出ます。冨樫さんはこの時期にもやはり、ハンターハンターの連載を続けていますが、休載期間がとても多くなります。比肩も劫財も自我意識が強く出ますので、自分の納得できる物を追い続けるという事は出ると思います。理想を追うあまり、自分の納得いくものを描けなくなるという事もあるのかもしれません。冨樫さんの命式も比肩があり、しかも12運も強いので、そこに比肩劫財の大運が巡ってくるとかなり強い自我意識がでてくるでしょう。四柱推命ではバランスを重視します。あまりに五行の一つが強くなりすぎるのも嫌います。冨樫さんの命式も割と偏りが強い方ですので、大運の巡り方によってはそういった事も出てきます。

2018年52歳の年に大運は食神になります。大運食神はマイペースさが出てきます。おおらかになり、日々の日常を楽しむような時期です。この大運に入ったので、作風も変わってくるのかもしれません。今まで富樫さんの作品は残虐なシーンが多かったですが、食神は楽しさを追求する時期です。どんな漫画を描いていくのか楽しみです。この大運は冨樫さんにとっては少し相性の悪い部分もありますが、基本的には良い時期です。精神的に不安定感が出ますので、対人関係には注意が必要です。

冨樫義博さんの命式と大運の巡りを見てきました。冨樫さんの命式は少し偏りがありますので不安定な時期というのは起きがちです。ただ、今の時期は良い時期だと言えると思います。ハンターハンターの連載が始まった比肩の時期から少し運勢的に安定しない時期だったと思いますが、その時期も終わりましたし、しばらくは安定すると思います。冨樫さんの命式は丙火と壬水が交互にきているのでやはりしんどい事というのは着てしまうタイプの命式だと思いますが、12運が強いので運勢的には良い方向には行くと思います。どうしても自分が自分がと頑張ってしまうタイプの命式ですのできつく感じる事は多いと思います。今の大運が食神ですので、ここで一度ゆっくりと楽しむことをされると良いのではないかと思います。

それでは今回はこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2020 All Rights Reserved.