みんなで幸せな人生を目指すブログ!

呉のてつのくじら館のお話

 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回は運気アップのお話とはあまり関係ありませんが、

広島の市にある海上自衛隊呉資料館、通称てつのくじら館のお話です。

ただ僕が前回呉に行った時に時間が無くって入れなかった「てつのくじら館」に今回行けたので、どんなものなのかをお伝えしようというだけのお話です。

でも潜水艦の内部に入ることはなかなか出来ない経験なので、今回写真も多めに出すので見てみてください。

てつのくじら館は呉港の近く、呉駅からも近い場所にあります。ゆめタウンという、全国的に有名なイオンみたいな大型商業施設(大型スーパー)みたいな感じの所の横にドーンとあります。

後ろに写っている白い建物がゆめタウンです。左の茶色い建物が自衛隊呉資料館(てつのくじら館)の資料館です。その横にいきなり潜水艦がありますが、とても大きいです。

こんなのが世界中の海にいるんでしょうね。もっと大きな中国や他の国の原子力潜水艦も日本の近くに結構いるらしいですからすごい世の中です。

それで、この潜水艦の名前は「あきしお」です。1986年に就役しています。長さ76.2メートル20ノット(37キロぐらい)で進みます。定員75名です。

この潜水艦に入るにはまずは後ろの資料館に入らなければいけません。入場料は無料です。なので用事や旅行で呉に行った際に是非行ってみて下さい。

小さなエスカレーターで2階に上がると資料館らしい光景が広がります。

このような展示資料が壁にありまして、音声アナウンスがそれぞれの場所で流されています。

戦時中の資料から、最近の自衛隊の海外派遣のお話まで続いていきます。

掃海艇が除去する海に浮いている機雷なども展示されていたり、

自衛隊員のコスチュームなども展示されています。

こちらも何のマシンなのかわかりませんが、説明文が書かれていますので、気になったものは説明文を読んでみましょう。僕はこの後入る潜水艦の中の事で頭がいっぱいで、適当に写真を撮っていましたので、このマシンが何なのかよくわからないまま撮ってしまいました。

機銃もあります。こちらはトリガーがある方からの撮影です。スイッチ類がたくさんあるんですが、囲いの中にあって、遠いので触れませんでした。

前から見た機銃です。

大小さまざまな模型が展示されています。

潜水艦の内部の説明のための模型です。居住区とか魚雷の場所を見る事が出来ます。

順路に従って歩いていくと、最後にやっとあきしおに乗り込む事が出来ます。

この扉の向こう側にある黒い物体があきしおです。

通路を渡ると入る事が出来ます。特に誰かが案内してくれるわけでもないし、入り口に誰か従業員のような人がいるわけでもありません。

後ろのゆめタウンとのコラボが平和感と武器の異様さが変な調和間を出していて面白いです。

入り口はこんな感じ。

中を覗いてみると、少し暗くて窮屈な空気感。

真ん中左寄りに見えるのはトイレとシャワー室。

1980年代の潜水艦ですので、少し古い感じが出ています。潜水艦は音で探知されるそうなので、潜水したらあんまり大きな音はたてられないらしいです。体調の管理は重要になってきます。

せまいです。狭い艦内を有効利用して色んな部屋や計器類が並んでいます。

人一人通れるぐらいの幅の通路の左右に部屋があります。

一般隊員の寝室です。三段ベッドですね。上との距離も近いです。窮屈そうです。潜水艦は音で探知されるので、作戦中は艦内でも静かにしてないといけないらしいですが、イビキの大きな人はどうしているんでしょうか?

長いソファなどがあってくつろげるスペースもあります。

このスペースにはテレビもあります。昔のブラウン管テレビですね。ビデオ一体型の物です。娯楽が少ないですから楽しいビデオでも見ていたんでしょうか?

給湯室か狭いキッチンですかね?

艦長室です。艦長はやっぱり個室です。良いですね。

奥にあるのがベッド。艦長はプライベートスペースがあります。

 

このハッチを開けると下の魚雷のある所に降りられます。(今は開けられません)

艦の中心部に行くにしたがって計器類が増えます。

前に見えるのがコクピットです。当然窓はありません。

操縦席は計器類と画面のみです。これを見ながら操縦しているんですね。自分がどこにいるのか現実感が無いでしょうね。きっと。

イスが破れちゃってますけど、ここに座って操縦します。

潜水艦と言えば潜望鏡が印象的です。艦には潜望鏡が2個あります。実際見ることも出来ますよ。瀬戸内海を通る船も見えますので、来てみたら覗いて下さい。

近くにレーダーの画面もあります。みんなで協力して艦を操っていたんですね。

その近くの床に穴を開けて下の魚雷を見られるようにしています。

その近くにまた計器類が。乗っている人は全部の計器類を把握していたんでしょうか?ノイローゼになりそうですね。

外に出ると、潜水艦を真横から見る事が出来ます。

でかいですね。よく見ると結構ぼこぼこです。海では色んなものがぶつかるんでしょうか?流木とか魚とか。

下から見上げるとすごく大きな潜水艦ですが、中に入ると居住スペースは狭く、とても窮屈な場所でした。エンジンとか潜水、浮上する装置が大きな場所を占めるんでしょう。

一度はこの潜水艦に入る価値はあると思います。呉に来たら是非寄ってみて下さいね。それではこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2019 All Rights Reserved.