みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 タモリさんの命式

2020/03/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回はタモリさんの命式を見てみましょう。

タモリさんと言えば「笑っていいとも!!」でした。2014年に終わってしまいましたが、一時期はよく見ていました。ずっと家にいた時期がありましたので。その頃はスマップのメンバーや関根勤さんやさんまさん等が出演されていてとても面白かったたです。

終わる間際にちょくちょく見ていましたが、やはり終わるのも納得できるような内容でした。クオリティはやはり下がっていたと思いました。クオリティの下がった原因は知りませんが、最後の方は作家さんとかスタッフさんが変わったんですかね?

今でもタモリさんの番組は好きでブラタモリはほぼ毎週見ています。

タモリさんは早稲田大学を中退した後、地元福岡で就職し、結婚もして普通のサラリーマンになっていた時期もあるようです。

その後職を何回か変えて喫茶店のマスターなどもしていたそうです。その時にウィンナーコーヒーを注文されて、ウィンナーを入れたコーヒーを出すなどの結構やばいやつだったらしいです。(ウィキペディアより)

このように割と破天荒な部分もあったらしく、福岡で働きながらたまに東京に出て、小劇場などで芸を披露していた時代もありました。そんな時赤塚不二夫さんに才能を見出されその才能にベタ惚れした赤塚さんに頼み込まれ、赤塚さんの家に居候する生活が始まります。そんな中、赤塚さんの知り合いなどにテレビの世界に引きずり込まれていきます。

そして、30歳の時正式に芸能界デビューします。当時のタモリさんは今と違ってイグアナのものまねをしたり、黒い眼帯を片目にしてたり、わけのわからない言語をしゃべったり、今の永野を少し知的にしたみたいな芸風だったようです。(昔のタモリさんの画像を調べたら何となく雰囲気は分かると思います)

◎タモリさんの命式◎

ではタモリさんの命式を見ましょう。

  • 年柱 乙 酉 食神 病
  • 月柱 甲 申 傷官 死
  • 日柱 癸 亥    帝旺

現在の大運は今年(2019年)から丙子の正財です。

タモリさんの日干です。さんまさんと同じですね。温和で奉仕の精神に富み、人を見る目は確かです。データの分析能力が高いです。努力もしますが、嫌いな分野は初めからやる気にもならないです。

同じ癸に宮崎駿さん、錦織圭さん桑田佳祐さん、浅田真央さん神田うのさんがいます。

通偏傷官がありますので、世の中を斜めに見るところがあります。日干が強い五行だったり日干が強い五行の影響を受けていると怒鳴ったり、イライラしたりしがちですが、タモリさんの場合は日干が癸でしかも他の通偏や12運もあまり強くないので、イライラとか感情を揺さぶられることも多いと思いますがそれに対しては皮肉を言ったりして笑いにもっていったり、うまく言葉を選んで相手をやっつけようとします。

食神は楽しいこと大好き。他の人が気づかないようなところでも、なんかしら楽しみを見つけ出します。

12運は何かに強くこだわりを持つ、穏やか、空想の世界に入る、直観力がある。などです。

は慎重で心配性を表します。ちなみに死がある人は神仏に縁があると言われますので神社仏閣に行くと良いとされています。(これについては真偽のほどはよくわかりませんが。)

帝旺は徹底的に何かに打ち込むと才能が開花して素晴らしい能力を発揮できたりします。ただ偉そうな態度になることもありますのでそこは注意点です。タモリさんはそういうところはなさそうに見えますね。

◎タモリさんの大運の巡り◎

子供の頃のタモリさんは4歳で立運。そのときの大運が比肩です。子供のころからきっとしっかりした独立心の強い子供だったのではないでしょうか。

1959年14歳からは壬寅の劫財。結構芸人さんっぽさもこの頃から出ていたのかもしれません。豪快というか、物おじしない性格だったと思います。

1969年24歳の年からは偏印の時期に入ります。偏印は変化の多い時期になります。しかも何となく現実感覚が無い状態で物事が動いていくような感覚です。辛巳の偏印ですので、特に不安感や気持ちの落ち着きのなさを経験したかもしれません。タモリさんは実際この頃にいろんな職業を経験していたり、赤塚さんと出会い、東京、福岡の2重生活も経験しています。

ただこの頃に芸能界に入ることになったり、その前もいろんな劇場で芸を披露していたりしていましたので、さんまさんの時もそうでしたが、偏印は芸能関係には良い時期なのかもしれないですね。

1979年34歳の年からは大運は印綬に入ります。印綬の時期は伝統、名誉、学問などに縁があります。偏印も印綬も知性を表しますが、偏印よりは印綬のほうがより学問としての知性を表すことが多いです。偏印の知性は芸事や芸術関係のほうが近いです。しかも偏印の時期は何となく現実感覚が鈍り、もやがかかったような感じで過ごしますが、印綬はその点は頭の中はすっきりしていて現実と向き合えます。ただ印綬も知性の星ですので行動力はいまいちの時でもあります。

1982年にはあの「笑っていいとも!」が始まります。始まった当初は視聴率はそれほど良くなかったらしいですが、だんだん人気を得ていきます。その次の年にはNHKの紅白歌合戦の司会を務めます。

1989年44差の年からはタモリさんは偏官の大運に入りました。この大運はタモリさんにとっては悪い大運です。心身ともに不調の時期となったとおもいます。この頃はボキャブラ天国やタモリの音楽は世界だなどが始まってとても忙しい時期だったと思います。偏官の大運ですので仕事面では忙しくなります。

1999年54歳の年から正官の大運です。この時期もまだ本調子ではありませんが徐々に運気は良くなっていきます。正官は社会的に認められるとか、発展とかいう意味があります。

2009年64歳の年から偏財の時期です。偏財はだれにとっても大体良い時期になります。この時に行動すると良い結果が得られやすいので、若いうちにこの大運がめぐってきた人はその時期はなるべく色々チャレンジすることをお勧めしたいです。タモリさんもこの時期は運気的には良い時期です。

2019年74歳の年から正財です。丙子の正財です。穏やかな良い運気の時期です。ゆったりと楽しい人生を送るのに良い時期です。安定志向とか家庭的なものに目が行きがちになる時期でもあります。

タモリさんは今でも数々の番組に出演されていて今でも面白いことを言って人を笑わせています。昔笑っていいともに出ていた杉兵助さんみたいによぼよぼになってもがんばってほしいです。

それではこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2019 All Rights Reserved.