みんなで幸せな人生を目指すブログ!

ショートショート公開 電車で行こう

2019/06/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回も童話風ショートショートを公開します!

暇つぶしにどうぞ!

~~~電車で行こう~~~

ある良く晴れた朝、車庫から新しい電車が出てきました。。

「僕は出来たてピカピカの新型電車。今日からみんなを僕に乗せて色んな所に連れて行ってあげるよ。おや、ホームにたくさん人が待っているなあ。」

その新型電車は駅のホームに入ってきました。

ホームで電車を待っていた人たちはそのピカピカのきれいな車体にほれぼれしました。

「おまたせ!さあ、どんどん乗ってね。みんなは僕にとって初めて乗せるお客さんだよ。それぞれみんなを目的地まで送って行ってあげるからね。」

ドアが開いてたくさんの人が電車に乗りました。

ドアが閉じてぎゅうぎゅう詰めになった電車は走り出しました。

「ガタゴトガタゴト僕は新型電車。たくさんの人を乗せて隣の町へひとっ飛び。」

電車はご機嫌に歌を歌いながら走り続けました。

終点に着き、たくさんの人が降りて行きました。

その中の1人の男の子が先頭車両まで元気に走っていき、電車に話しかけました。

「電車さん、僕はおばあちゃん家に行くのに今日生まれて初めて電車に乗ったんだ。窓からの景色が次々に代わっていって本当に楽しかったよ。」

電車は答えました。「どうもありがとう。僕もお客さんを乗せて走るのは今日が初めてだったけど、とっても楽しかったよ。また乗りに来てね。」と言って2人は別れました。

その言葉の通り男の子はそれから何回も何回もその電車に乗ることになりました。

小学校の遠足や、家族旅行、もう少し大きくなって通学、そして通勤。ずっとずっと乗り続けました。

当時、新型車両だった電車も何年も何年も走り続けて、いまやさびだらけで故障もたびたび起きるおんぼろ電車になっていました。

そして当時小さな子供だったその男の子も今や定年間近のおじさんです。

今日もおんぼろ電車はかつて男の子だったその白髪交じりのおじさんを乗せてギシギシ音を立てながら一生懸命走ります。途中、最新型の電車や特急電車に追い抜かれながら。

おんぼろ電車が終点に着き、おじさんが駅のホームに降りると小走りでそのおんぼろ電車の先頭に行き話しかけました。

「今日もありがとう。お互い年を取ったね。」

「うん、僕はもうさびだらけだよ。最近出てきた急行電車や特急電車にはスピードじゃあ全然かなわないし。それでもみんなを目的地まで送り届けなきゃあね。それより今日は何年かぶりに急行電車じゃなくって、遅い僕に乗ってくれてありがとう。うれしかったよ。」

「しばらく君に乗れなかったけど、僕は君の事がずっと大好きだったんだよ。ほんとのこと言うと僕もね、追い越されてばかりの人生だったんだよ。それでもがんばってがんばって生きてきたし、そんな自分を誇りにさえ思っているんだよ。」

「僕も君が大好きだよ。」おんぼろ電車がちょっと恥ずかしそうに答えました。

その時、発車のベルがジリリリッと鳴りました。

「おっと、僕はまた出発するよ。またいつか僕に乗ってね。」

「うん、もちろんだよ。」

おじさんがそう言うと、おんぼろ電車はギシギシ、ガタガタ大きな音をたてながら力強く今来たのと反対方向に出発しました。

おんぼろ電車を見送ったおじさんは、「よし、僕も行くぞ。」と言って、足や腰の関節をポキポキ鳴らしながら会社へと歩きだしました。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2019 All Rights Reserved.