みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 斎藤佑樹さんの命式

 
この記事を書いている人 - WRITER -
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

 

プロ野球選手の斎藤佑樹さんの命式

斎藤佑樹さんは日本ハムファイターズの投手で、高校生の時には楽天の田中将大選手と甲子園の決勝戦で投げ合い、引き分け再試合の死闘の末勝利した経験があります。日本ハムファイターズにドラフト1位で入団し、1軍で活躍していましたが、3年目ぐらいからはあまり勝てなくなっています。

斎藤佑樹さんの命式です。

  • 年柱 戊 辰 偏官 墓
  • 月柱 戊 午 偏官 胎
  • 日柱 壬 辰    墓

現在の大運は2018年30歳の年から印綬です。

斉藤選手の日干です。壬の人は大らかで柔軟性(人や環境に合わせる能力)があり、人には出ないようなアイデアをパッと思いついたりします。社交的で優しいですが、計算高くしたたかな所も持ちます。束縛を嫌います。同じ壬の有名人は他に小田和正さん、郷ひろみさん、村上春樹さん、東野圭吾さん、前澤友作さん、堺正章さん、関口宏さん、有吉弘行さん、ダルビッシュ有さん、小池百合子さん、石原さとみさん、綾瀬はるかさん、川口春奈さん、沢尻エリカさん、広末涼子さん等です。

通変偏官が2つあります。なので斉藤選手は偏官の性格が強く出ます。偏官の人は闘争心が強く、とてもストイックなところがあります。なんでも頑張りすぎるぐらい頑張りますので、自分でもしんどくなったりします。困っている人を見るとほっておけません。思った事が顔に出やすいです。

12運墓、胎、墓です。月柱にはがあります。胎の人はとてもピュアで子供っぽい所を持ちます。空想好きで飽きっぽいです。ただ、色んな事に目移りするのは悪い事ではありませんので色々経験してみて自分に1番合うものを探すというのが良いと思います。常に理想を追って生きるところがありますので年をとっても夢を追いかけるところがあります。年柱と日柱はです。墓の人は物事を大変深くまで考えます。とても思慮深いですし、この墓の人は研究職に向いています。野球選手としてならバッターの事を研究したり、自分の投球の事を研究して投げると結果が出やすいと思います。斎藤選手は墓が二つありますので墓の性格が強く出ます。

斎藤佑樹さんの大運の巡り

斉藤選手の立運は10歳の年です。0歳当時の大運から見ますと最初の大運は偏官です。偏官の時期にはとても色んな事に頑張ります。一生懸命になりすぎて怪我をすることも多いかもしれません。身体能力にも長ける時期でこの時期には挑戦心も湧き色んな事に挑戦します。力が有り余る時期でもありますので、斉藤選手の子供時代はわんぱくな元気な子供時代だったかもしれません。

1998年10歳の年に大運は正官になります。正官の時期にはコツコツと努力する事もそれほど苦にならない時期になります。権威権力にも興味が湧きますし、サラリーマンなら出世する時期です。エリート志向になり、集団の中で活躍します。斎藤選手は高校生の時に早稲田実業のエースとして甲子園で活躍します。この当時もハンカチ王子と言われましたが、マウンドでハンカチを使って汗をぬぐう姿が印象的でした。正官の時期には品位品格も大事にします。高校3年の時に夏の甲子園に出場しますが、この時の年運は偏財でとても運気の良い年でした。甲子園での活躍後大学進学を選びます。この事もエリート志向である、正官の大運らしいと思います。

2008年20歳の年に大運は偏印になります。偏印の時期には芸術や芸能、音楽などの才能を発揮する時期になります。偏印は変化も表しますので色んな変化の起きやすい時期です。また、安定を嫌いますので同じ作業を繰り返しする事には苦手意識が出ると思います。四柱推命では一般的に偏印の時期はスポーツなどの体を使うことは不向きな時期だと言われます。この時期に斎藤選手はプロ入りをしますが、周囲の期待ほどの活躍はまだ見せていません。

2018年30歳の年に大運は印綬になります。印綬の時期には学問や研究、伝統的なものに縁があります。実家とも縁があります。この時期は現実的な頭の回転も良くなります。前の偏印の時期にはどこかふわっとしたような空想の世界と現実の世界を行き来するような感覚にとらわれますが、この印綬になってからは現実感を取り戻し、現実的な堅実な生き方をします。偏印の時期とは違って体の動きも良くなるかもしれません。

斎藤佑樹さんの命式と大運の巡りを見てみました。斎藤選手はもともとは闘争心を表す偏官が2つもある命式です。戦いとの縁がとても有るのかもしれません。それに12運はが2つありますので考える事を得意とします。研究とかもですね。なので頭脳派の投手とした頑張れば力を出し切れるような命式です。命式自体はそれほど強い命式ではありません。しかし、地支の方では辰馬辰となかなか家族関係では良い関係性を持てる命式です。大運の方は大人しい大運が続いています。頭脳を使うような職業に向いている大運です。しかし、元々斎藤選手は通変に偏官が2つもあり、体力的にはとてもあると思いますし、12運ではやはり頭脳を使うが2つもあります。頭と体を使う選手という事が見て取れますし、そうした方が自分の良さを出す事が出来ると思います。これからしばらくは印綬の大運ですので、この大運も頭を使う事も得意ですので、研究や考える投球術で勝負するのが良いのかなと思います。

それではこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2021 All Rights Reserved.