みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 お金持ちの命式 斎藤一人さん 滝崎武光さん

2020/03/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回も前回に引き続き日本のお金持ちの命式を見てみましょう。

まずはこのブログの中でもたびたび登場する斎藤一人さんです。

斎藤一人さんは銀座まるかんの創業者で本もよく出されている方です。この方は会社の社長だからというよりも、生き方や考え方の方で有名になられた方です。本や講演会で人の生きる道などを楽しくお話しされる方で、とても人気があります。もちろん僕も大好きな方です。幸せなお金持ちになる方法などをよく本や講演会の中でお話されています。

ではその斎藤一人さんの命式です。

  • 年柱 戊 子 偏印 死
  • 月柱 己 未 印綬 冠帯
  • 日柱 庚 申    建禄

前回、前々回にお話したお金持ちの特徴である食傷(食神、傷官)と財星(偏財、正財)が通偏に無いですね。

この命式で特徴的だなあと思うのは、やはり日干が強いという事です。庚が他の干や地支に助けられていますね。土が強いです。土生金となっています。

日干が庚なので、普段は冷静でセンスがある。しかも通偏の印星が強いので庚の頭の良さをさらに知的にします。

精神世界のお話をよくされる方らしく、印星の通偏が2つもあります。特に偏印が有る事ですね。偏印が精神世界と強く関係します。

12運も冠帯、建禄と強いです。

またこう書くと後付けのようになってしまいますが、持って生まれた運勢がやはり強い方ですね。

この方の情報は意外と少ないのでよくわかりませんが、20代の頃に漢方薬を売り始めて、多分起業されたのもそのあたりなのかなと思います。

20代の頃のひとりさんの大運は食神ですが、星回りから言って、あまり良くは無かった時期かなと思います。

この時期は順風満帆に何事もいったわけではなさそうです。

その後の30台の頃の傷官の時期も精神的には結構タフな時期だった可能性があります。きっと今の一人さんのあの説法にはこの頃に培った知識や経験が元になっているのではないかなと思いました。

傷官の時期ですので、仕事の方はうまくいっていたのかもしれません。

40代の一人さんの大運は偏財です。偏財はだれにとっても良い時期になりやすい時期です。この頃は1990年代バブルがはじけるときですね。でも一人さんの運勢はこの頃がもっとも強くなっています。一人さんの銀座まるかんは何事もなかったようにこのバブル崩壊の時期も乗り越えます。

50代の頃の正財の時期も同じように良い時期が続きます。一人さんの大運は何故か知の星が付いてきます。30代の頃からずっとでした。知性とか知識によほど縁のある方なんですね。

60代になって大運はようやく知の星からは影響をあまり受けなくなりました。この頃の大運が偏官です。仕事を表す星ですね。でももちろんそれまで培ってきた知性は一人さんの中に残っていますよ。

70代になられて2019年に大運も変わりました。現在の大運は正官です。大運の変わり目なので、何か変化もあったのかもしれませんが、基本的には落ち着いた安定した時期です。

この時期も一人さんの運気は四柱推命では安定した時期です。めっちゃ良いっていうわけではないですが、しばらくは安定した良い時期という事ができます。

一人さんの場合は、持って生まれた運勢と強力な知識が成功の秘密かなと思いました。

 

次に滝崎武光さんのお話です。滝崎武光さんと言ってもピンとこない方も多いと思います。キーエンスという会社の創業者です。キーエンスというと従業員の給料がめちゃくちゃ良いという事で有名な大阪にある会社です。キーエンスの従業員の平均年収は2000万を超えているそうです。この会社はセンサーとかバーコードを読む機械とかを作っています。バーコードを読む機械というのは、配達の人(郵便とかヤマトとか佐川)が配達してきた荷物のバーコードにピッてやる機械って見たことありますか?あんなやつです。

さて、滝崎武光さんですが、前回お話した、日本のお金持ちの1位がユニクロの柳井正さんでした。2位がソフトバンクの孫正義さんでした。3位がこの滝崎武光さんなんです。

滝崎さんの命式です。

  • 年柱 乙 酉 正財 帝旺
  • 月柱 壬 午 食神 沐浴
  • 日柱 庚 戌    衰

こうなっています。この方もやはり通偏に食傷(食神、傷官)と財星(偏財、正財)がありますね。お金持ちの特徴です。

滝崎さんも庚なので冷静で知的、センスがあってしっかりと自分を持っている人です。(少しワンマンなところもあるかもしれません。)しかも庚も地支などに支えられているので運勢的にも強いです。地支にある戌は土も表しますが、金も表します。

滝崎さんの情報もとても少ないのでよくわかりませんが、一応1974年の29歳の時にキーエンスの前身の「リード電気」を兵庫県の尼崎市で設立しています。

ただ、1974年は滝崎さんの大運が印綬なのですが、滝崎さんにとってのこの大運は、良くない大運です。20代のほとんどの時期がこの大運の時期でした。けっこうきつい時期ではなかったでしょうか?

1981年に大阪府吹田市に移転。この時の大運が偏印です。この偏印の時期もあまり良い時期ではありません。

1986年41歳の時にキーエンスに商号を変更します。この年が正官に大運が切り替わる年でした。正官の時期ですので、仕事面に関しては良い時期です。この時期は一般的に四柱推命では仕事面では地道に伸びていくという時期です。

 

1994年会社を大阪市東淀川区に移転します。この頃から滝崎さんの運勢は上がっていきます。この後大運は正財の時期、運勢的にはかなり良くなってきました。そして2019年現在は偏財の時期です。ご本人にとっては今が一番良い運勢の時期という事になります。

滝崎さんの命式と運勢を見ていると、運勢的には強いものを持っていますが、大運のめぐってくる時期が若いころの滝崎さんを苦しませた可能性があります。特に20代です。しかし持って生まれた運勢とセンスの良さでここまで会社を大きくしたのかなと思いました。

今回はここまでです。ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2019 All Rights Reserved.