みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 兄弟漫才 中川家の命式

 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回はお笑いコンビの中川家の2人の命式を見てみましょう。

前に同じく兄弟で漫才をしているミキの命式を見ました。見た目通りのなかなかの良い関係の命式でした。ほほえましい関係だなとは思っていましたが、テレビでは兄の昂生さんが弟に負かされるようなイメージがありますが、命式から見たらやはり兄が弟をフォローしてあげられる良い関係でした。でないとあれだけ仲良くいられないでしょうからね。

今回は中川家ですが、中川家はミキと見ている部分もありますが、少し関係性も芸風も違うようにも見えます。今回は四柱推命の命式から中川家の2人を見てみたいと思います。

ではまずは弟の礼二さんから見てみましょう。

  • 年柱 辛 亥 食神 胎
  • 月柱 辛 丑 食神 墓
  • 日柱 己 酉    長生

現在の大運は2016年44歳の年から印綬です。

弟の礼二さん(大きい方)の日干です。己の人は色んな才能を持ちます。なんでも平均以上にこなしてしまいます。勉強家で堅実でマイペースです。人を受け入れる器の大きさがあります。本心をなかなか見せません。同じ己の有名人は北島三郎さん、秋元康さん、林修さん、アントニオ猪木さん、有田哲平さん、中島みゆきさん、山口百恵さん、水卜麻美さん、ベッキーさん、平手友梨奈さん、深田恭子さん、山口もえさん等がいます。

通偏食神食神です。両方食神ですね。食神ですのでゆったりした雰囲気があります。衣食住には困らない星と言われています。字の通り食べるのが好きで実は見た目もふっくらした人が多いと言います。楽しみごとが好きで興味のある事にはとてものめり込みます。ただ、忙しい事とか、自分のペースを崩されるようなことは苦手です。あくまでマイペースを貫きますしその方が運勢的にも良いです。

12運胎、墓、長生です。性格を強く表す月柱はです。墓の人はとにかく深く深く物事を突き詰めます。分析力が強く分析や研究が好きです。考えすぎて行動が遅れる傾向があります。年柱のはピュアな人、飽きっぽい性格などを表します。日柱の長生はとにかく信頼のおける人です。人を裏切るのが嫌いでそのため自分にかかるプレッシャーと戦う羽目になることも多いと思います。家庭を大事にします。

では今度は兄の剛さんの命式です。

  • 年柱 庚 戌 食神 墓
  • 月柱 丁 亥 印綬 絶
  • 日柱 戊 午    帝旺

現在の大運が2011年41歳の年から偏財です。

剛さん(小さい方)の日干です。戊の人はどっしり構えていて包容力があります。雰囲気は優しそうに見えます。独創的な考えをしますし、そういった独創的な考えをする自分が好きです。オリジナリティを大事にします。見た目(ファッションやインテリア)にこだわりがありますしこだわった方が運勢的には良いです。人付き合いも良いのですが、自分からはあまり誘いません。戊の他の有名人は木村拓哉さん、香取慎吾さん、稲垣吾郎さん、小室哲哉さん、加藤茶さん、本田圭佑さん、ヒロミさん、松岡昌宏さん、櫻井翔さん、小島瑠璃子さん、松たか子さん、北川景子さん、井上真央さん、蒼井優さん、浅野ゆう子さん等がいます。

通偏食神印綬です。性格をより表す月柱は印綬です。印綬の人は真面目で穏やか。学問や伝統も表しますので頭も良いですし、伝統文化にも興味があったりします。プライドが高く、母性、父性が強い人が多いです。年柱は食神です。弟の礼二さんにもありましたが、楽しみごとが大好きで興味があることにのめり込みます。衣食住には困らないと言われています。

12運墓、絶、帝旺です。性格を表す月柱はです。絶は複雑な心理構造の人に出ます。自己否定的にもなりやすいです。ただ、絶の人は自分の武器となる物を手に入れた時に飛躍的に活躍しだします。芸能界にも絶を持つ人は多く、明石家さんまさんや松本人志さん、島田紳助さん、さまぁ~ずの2人、漫画家の尾田栄一郎さん、高橋留美子さん、あだち充さん、他にも大物にとても多いんです。年柱のは物事を深く掘り下げて考えるところを、日柱の帝旺は運気的には動く強くて良いのですが、力を持て余してしまうと威圧的であったり、パワハラなどに出てしまうところもありますので、帝旺のある人は何か自分の好きなことに打ち込むと良いです。自分の好きなことに打ち込むとその道で活躍できる可能性も高いです。

◎2人の相性◎

さて、二人の相性ですが、干関係で見てみると、兄の剛さんがで、弟の礼二さんがです。2人とも土の五行です。しかし陰陽が違いますので、この関係は相性劫財という事になります。相性劫財は同じ五行ですのでお互い似たような性質があったり、行動も似てくるのですが、何となく相手の事が気に入らなかったり喧嘩も多くなります。前に見た同じ兄弟漫才師ミキの場合はお互いが相性傷官相性印綬の関係でした。この関係は兄の昂生さんが弟の亜生さんをフォローしてあげる理想的な関係でした。今回の中川家は相性劫財ですので、気が合うところは合うのですが、喧嘩も多くなります。この場合勝つのは陽の干になりますので戊の兄、剛さんが勝つことになります。また、そうした方がうまくいきます。陰の干の人は陽の干の人に譲ってあげるほうがこの関係はうまく回っていきます。

地支で見てみましょう。この2人ですが、良い関係も悪い関係も無いという珍しい関係でした。特に冲や害、刑なども無いですし、支合や三合や半会もありません。時柱が分かりませんのでそちらに何かある可能性はありますが。ですので面白くないかもしれませんが、四柱推命的に見ると特に良い訳でもないし悪い訳でもない関係となります。このブログでは思い付きで芸能人などの命式を見ていっていますので僕も書き終わるまでどうなるのかわからないで書いています。なのでこういった特に良くも悪くもないというような面白みのない関係に出会う事もあると思います。ただ、これも一つのデータとして大事になってきますので、これも記事として残します。

◎中川家の大運の巡り◎

では2人の大運の巡りを見ていきましょう。兄の剛さん立運1歳の年で最初の大運が比肩でした。ですので子供の頃から一人でなんでもしたがるようなしっかり者だったのではないかと思われます。

1981年11歳の年からの大運は劫財です。劫財の時期は仲間とともに一緒に何かをしますし、そういう現象を生き寄せます。なのでちょうど小学生から20代になるころまで友達の多い楽しい学生生活だったのではないかと思われます。

1991年21歳の年から大運は食神になります。この大運の1997年に剛さんはパニック障害を発症してしまいます。この食神の時期はあまり忙しい生活には合っていません。ゆったりと楽しむことにこの食神の運勢の生かし方が合います。中川家は当時売れっ子タレントでかなり忙しい生活をしていたでしょうし、真面目な剛さんには沢山の大物タレントさんと渡り合っていくのも相当なプレッシャーになった事でしょう。精神的にもゆったりは出来なかったことでしょう。占いの観点から見るとこの食神の大運にそぐわない生活をすると陰転して悪い現象が引き寄せられたとも見る事が出来ます。本来は食神は良い時期です。ただ、ゆっくりと日々の生活を楽しむのに適した時期です。そうすることが食神の時期の運気を思う存分生かせる生き方だと言えます。

2001年31歳から大運傷官です。この時期は剛さんの命式にとっては吉凶混合期ですが、傷官は芸能関係の人にとっては良い時期です。芸の幅が広がったり、芸がうまくなったりします。芸能関係に限らず、職人さんとか文筆業にも良い時期です。この時期は感受性、感性が研ぎ澄まされて良い作品を造ったり、自分の頭も冴える時期です。

2011年41歳の年から大運は偏財になりました。偏財の時期は大体誰にとっても良い時期になります。剛さんの命式にとっても良い時期でした。とてもアグレッシブになりますし、運勢も強くなります。この時期は色んな事に挑戦すと良いです。成功の確率も上がりますし、うまくいかなくても次につながる何かを得られた地することもよくある事です。

2021年54歳の年から剛さんは正財の時期に入りますがこの時期も基本的には良い時期です。多少命式との相性が良くないところもありますが、先走りしての小さな失敗とか後先考えない行動での失敗程度で済むような時期だと思われます。

弟の礼二さん立運は4歳の年です。最初の大運は傷官です。傷官ですので反抗期の少年に例えられるような時期です。感受性が強くなりちょっとしたことでもイラっとしたり逆に感性が高まりますので芸術分野とか芸事にはとても強くなります。

1986年14歳の年からは大運比肩になります。比肩の時期は独立心や自我が強くなる時期です。この頃から礼二さんは自分というものを強く意識して自分の意見を押し通すとか、しっかり者というようなイメージが出てきたのではないかと思われます。

1996年24歳からは大運劫財に入ります。劫財の時期は仲間とともに過ごしたくなります。また、年齢や芸歴の離れた人とも友達感覚でいられるようになりますので、兄剛さんとは違ってこの時期の礼二さんは物おじせずに先輩方ともうまくやっていけたのではないでしょうか。また、仲間も多かったと思われますし、もし劫財の大運の人がいたらこの時期には積極的に仲間を増やしましょう。その仲間は必ず自分にとってプラスになると思います。

2006年34歳の年から大運は偏印になります。偏印は芸術や音楽、もちろん芸事にもとても良い時期です。誰も思いつかないようなアイデアがでたり、芸能人にとっては良い時期となります。ただ、私生活ではただ偏印だからと言って極端に下がることはありませんが、少し運気は下がるのが普通です。この時期には今まで一生懸命していたことを急に辞めたりもします。破壊と創造の時期と言われています。

2016年44歳の年から大運は印綬になりました。この時期は真面目さが出てきます。家庭を大事にしますし安定志向になります。芸人さんにとっては面白くない時期かもしれません。実家と縁が出てきます。母性父性も高まりますので、礼二さんの今の芸能界の立場なら後輩をかわいがったり育てたりするような時期かもしれません。

◎まとめ◎

中川家の命式でしたが、ミキと違って命式同士では良い関係でも悪い関係でもないような命式でした。しかし中川家の兄弟仲は良いようですし、確かに命式通りに兄剛さんが喧嘩になっても最終的には買っているようにも見えます。礼二さんもそこは譲ってあげている風にも見えます。中川家の2人はとても安定した大運の巡りでした。兄の剛さんは途中大運の象意とは違う生き方をしてしんどい時期はあったとは思いますが、2人とも悪い大運が無かったです。しかも2人ともごとに強い大運が巡ってきていたのも芸能界に進んだ2人にとっては追い風だったように思います。とても良い大運というわけではありませんでしたが、うまく2人の生き方にはまった大運だったように思います。兄の剛さんは今はとても良い運気の時期です。この後の大運も基本的には良い時期です。弟の礼二さんは次の大運が相性の悪い大運が初めてやってきます。あまり無理は禁物の時期となります。思わず突き進んでしまう時期でもありますので、決して無理はしないように過ごしてください。なるべく家の中などで楽しむように過ごすと良いと思います。

これからも面白いネタをたくさん見せてもらえると思います。中川家のこれからの脂ののった芸をぜひ見てみたいです。

それではこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2020 All Rights Reserved.