みんなで幸せな人生を目指すブログ!

ムーという雑誌について

 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回はオカルト雑誌の「ムー」についてです。

最初に言っておきますが、批判的な内容です。

僕も昔ムーという雑誌を読んでいたことがあります。中学生の頃です。当時は今みたいにインターネットも無かったし情報と言えば本やテレビからの情報しかなかったような時代です。

テレビや新聞、雑誌からの情報は絶対間違いない。間違った情報なんて流すはずがないというような雰囲気さえあったような気がします。情報を流す方と、受け取る方が完全に分かれていました。

今はだれでもSNSなどで情報を流せるほうに回れるようになりました。自分の意見もリアルタイムで情報を発信できます。

昔、ムーに麻原彰晃の特集が載っていた事があります。ムーは麻原をすごい人物のように紹介していました。例の空中浮遊の写真も載せて、麻原が空中に浮きあがることも出来るというような記事を書いていました。まるで超能力者のような扱いをしていたんです。子供ながらに僕はその記事を見て、これってあぐらをかいた状態で、ジャンプしてるだけじゃないの?って思いながら読んでました。写真に写る麻原の顔がしんどそうな顔だったし、麻原の長髪の髪の毛が舞い上がっていたので、とても浮き上がっているようには見えなかったんです。必死の顔でしたから。

でも、世の中には非常にピュアな心の持ち主もいます。心が傷ついて、なんでもいいから何かにすがりたい状況の人もいます。家族が病気になって何かの力に助けを得たいという人もいます。そのような人がこの記事を見て、すごい人がいるんだ、とか助けてもらいたいとか思ってしまってオウムに入ったら、というか、多分オウムに入った人もいるんじゃないでしょうか?当時は情報が今と比べて極端に少ない時代です。(当時はそれが当たり前の時代だったのですが)その記事を見れば、信じてしまうと思います。(オウムに批判的な声も当時はあってもその人の耳に届くのは難しかったと思います。)

その人たちがやがて、オウムで力を持ち、犯罪に加担していた人がいるかもしれない。犯罪に直接加担していなくても、オウムに入って人生を棒に振った人もいるかもしれない。意味のない修行をオウムの施設で長年おくって、そのオウムが無くなった後も、オウムに入っていたなんて近所の人に知られたらその地域で生きていくのは難しいでしょう。

当時、麻原を超人のように紹介した記事を書いたムーの記者さんはその事をどう思っているのか、編集長さんはどう思ってるのか気になります。

ムーは他にもタナウス博士という超能力者を取り上げていました。一瞬でスプーンとかフォークを曲げるそうです。曲げた後のグニャグニャのスプーンやフォークの写真も載せていました。そんな力があるなら、へこんだ車を一瞬で修理したら儲かるのではないでしょうか?板金屋さんからスカウトは来なかったのでしょうか?他にも夜枕の下に本を置いて寝ると、翌日にはその内容をすべて覚えていたそうです。そんな力があるのにタナウス博士は日本語をしゃべれません。通訳を通して話していたようなんです。英和辞典は分厚くて枕の下に入れるのが嫌だったのかもしれません。タナウス博士は、予知能力もあるそうで、当時子供の自殺問題が世の中を騒がせていたんですが、これから子供の集団自殺が増えるので注意しなさいと言っていました。あれから30年位経ちますが、幸いまだたくさんの集団自殺は起きていないようです。

タナウス博士はともかく、オウムの記事に関しては僕個人的には何らかの謝罪など責任を取ってもらいたいなと思っています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2019 All Rights Reserved.