みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 宮本浩次さんの命式

 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

 

今回はエレファントカシマシ宮本浩次さんの命式を見てみましょう。

エレファントカシマは1981年結成のバンドで代表曲には悲しみの果て、今宵の月のように、俺たちの明日等があります。宮本さんはこのバンドのボーカルでギターも担当しています。エレカシの歌は聞いていると自然と涙が流れるような、感動を呼ぶようなものが多いですし、その曲を聴くと当時の記憶がよみがえり、とても懐かしく感じたりもします。

また宮本さんのキャラクターが面白いという事でも人気があります。

ではその宮本浩次さんの命式です。

  • 年柱 丙 午 偏財 胎
  • 月柱 甲 午 食神 胎
  • 日柱 壬 寅    病

現在の大運は2013年47歳の年から正官です。

宮本さんの日干です。壬の人は大らかで、柔軟性(人や環境に合わせる能力)があり、人が思いつかないような発想力があります。現実的な知恵があり、社交的で優しいですが、束縛を嫌います。したたかな計算高い所もあります。壬の他の有名人は小田和正さん、郷ひろみさん、村上春樹さん、東野圭吾さん、堺正章さん、関口宏さん、前澤友作さん、有吉弘行さん、ダルビッシュ有さん、小池百合子さん、綾瀬はるかさん、石原さとみさん、川口春奈さん、ガンバレルーヤよしこさん、広末涼子さん、沢尻エリカさん等です。

通変偏財食神があります。性格をより表す月柱には食神があります。食神の人はマイペースで人懐っこいです。楽観的で自分の好きな事にはとても興味を持ちのめり込みますが、興味のない事にはやる気を失い怠けます。なので少し我がままとみられることもあるかもしれません。楽しむことには天才的な才能を持ちます。年柱の偏財は活動的で社交的でもあります。宮本さんは通変にお金を生み出す食傷(食神と傷官)と財の星(偏財と正財)がありますのでお金持ちの命式と言えます。食傷と財の星が命式にあると基本的にお金に縁のある人と言われます。あと、偏財の人は人に親切でお人好しです。また、インテリアや服装等見かけに興味を持ちやすいですし、そういったものを意識しておしゃれにした方が運気的に良いです。商才はありますが、散財もしやすいです。自営業に興味を持ちます。

12運胎、胎、病です。月柱と年柱に胎がありますので宮本さんは胎の性格が強く出ます。胎の人はピュアで常に理想を追って生きます。飽きっぽいところがあり、色んな事に手を出す事もありますが、その中から自分に合ったものを探している途中ですので、親などが飽きっぽい事に対して強く叱ったりすると、本人のチャレンジするココロまで奪ってしまいかねませんので、色んなことに挑戦させてあげる事が良いです。純粋な部分がありますので人の言う事をそのまま受け取ってしまい騙されることもあるかもしれません。空想の世界に入りやすい所もあります。日柱は病です。病の人はこだわりがとても強いです。一つの事に非常に固執してしまいます。穏やかな優しい雰囲気を持ちますので人から大事にされます。直観力が強いですし、神秘的なものに興味を持ちます。

宮本浩次さんの大運

宮本さんの立運は8歳の年です。最初の大運は傷官でした。傷官の時期には感受性が強くなり、人のちょっとした一言にもイラっとしてしまったりします。また反抗的な態度に出たりします。宮本さんのこの時期はちょうど思春期に当たりますが、この傷官は思春期の少年少女に例えられたりもします。反抗的になり、傷つきやすい大運の時期になります。しかし、感受性が強くなり感性も磨かれますので、文才などの才能や芸事、職人的な仕事にはとても才能を発揮します。

1983年17の年に大運は偏財になります。偏財の時期はとても運気の高い時期で金運、対人運、異性運にとても縁があります。この時期には活動的になり、いろんなことに挑戦して楽しみがとても多い時期になります。この大運の1988年22歳の時にはデビューして最初の方はそれほど売れなかったのですが、徐々に人気を高めていきます。

1993年27歳の年に大運は正財になります。正財の時期も運勢的にはとても良い時期です。金運、対人運、男性なら異性運もとても良いです。偏財の時期に比べると活動量は減り、家などで過ごす事が多くなります。この大運の1993年に悲しみの果て、1997年に今宵の月のようにを発表します。今宵の月のようにはエレファントカシマシとして初となるオリコン一桁台の8位に入り売り上げは80万枚を超える大ヒット曲となります。これ以降ヒット曲を次々と出し、テレビなどにもたびたび登場し、大人気バンドとなります。

2003年37歳の年に大運は偏官になります。偏官の時期はとてもストイックさが強く出ます。何事も一生懸命になりすぎるぐらい一生懸命になります。危ない橋があっても平気で渡ってしまう時期です。この時期は活動性が上がり、外で過ごす事も多くなりますし、闘争の星とも言われ、闘争心も強くなります。宮本さんはこの大運と命式が少し相性が良くない部分がありますので凶作用が少し出ます。感情が強く出るために対人関係や愛情問題に少し影響が出やすいです。怠惰な生活になることもあるかもしれません。この大運の中でもエレカシは俺たちの明日などヒット曲を連発します。宮本さんは2012年に一時左耳が聞こえなくなるという病気になりましたが、手術の結果すぐに回復しています。2012年は大運と年運の関係が良くなく、不安定な年でしたし、大運自体も偏官の時期にはけがや病気は多くなりがちです。

2013年47歳の年に大運は正官になります。正官の時期には真面目さが強く出ます。エリート志向になり、サラリーマンなら出世する時期です。コツコツを何かを続けるのも苦になりません。

2023年57歳の年に大運は偏印になります。偏印の時期には芸術性が増し、芸術や音楽、芸事などに才能を発揮します。色んなアイデアも出てきやすいです。ただ、今までやってきたことを突然辞めたり、変化を求める時期でもあります。宮本さんはこの大運ととても相性が悪いので、この大運の時期にはあまり大きな動きはしない方が良いかもしれません。特に2028年は天戦地冲の年ですので、リスクのある事には挑戦しない方が良いですし、あまり大きな決断などもしない方が良いでしょう。

宮本浩次さんの命式と大運の巡りを見てみましたが、宮本さんは10代後半からの大運が偏財ですし、20代後半からの大運が正財です。とても良い大運の巡り方をしています。この頃に強運の時期がありましたので、社会的にもかなりの成功を収めました。命式的には少し日干が弱いかなというところです。12運も少し弱いので不安定な部分は出やすいかも知れません。ピュアな部分が良い方にも出るかもしれませんが、悪い方に出る可能性もありますので信用できる仲間や会社などに守ってもらうのが良策かも知れません。大運はこの後相性の悪い大運が来ますが、この間だけ勉強や研究に充てる時間を増やすなどして活動は抑えめにするのが良いと思います。そのあとの印綬の大運からはまた安定した運気に入ります。

それではまた。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2020 All Rights Reserved.