みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 美輪明宏さんの命式

2020/03/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回は美輪明宏さんの命式を見てみました。

美輪明宏さんと言えば、スピリチュアルな世界が好きな人達にはすごく人気のある方で、僕もとても尊敬している方です。

この方の本も昔よく読んでいました。とても面白いし、勉強にもなるし、当時心が傷ついていた僕にも癒しを与えて下さったと思っています。

美輪さんは若い頃から歌を歌うのを職業にしていました。15歳のころに東京の音楽学校に行っていたんですが、父親と喧嘩して仕送りを止められてしまったため中退して、プロの歌手としての人生をスタートします。プロと言っても今のような芸能人として活躍していたわけではなく、進駐軍のキャンプで歌を歌ってギャラをもらったり、有名なシャンソン喫茶「銀巴里」で歌ったりしていました。

その後、有名人たちが集う「銀巴里」で人気が出て、テレビや雑誌などに取り上げられて、人気を得ていきます。

そして「メケ・メケ」「ヨイトマケの唄」などを発表して世の中に大ブームを巻き起こします。

美輪さんの命式です。

  • 年柱 乙 亥 偏財 沐浴
  • 月柱 辛 巳 比肩 死
  • 日柱 辛 卯    絶

です。美輪さんの命式を見るにあたって、悩まされることがあります。性別の事です。命式自体は性別では変わらないんですが(命式が変わらないという事はその人の性格はたとえ性別が違っても同じ性格としてその命式に出るという事です)、めぐってくる大運が変わってしまうので、人生を送るにあたって、運勢が全く違ってくるんです。

前にもお話しましたが、同じ命式でも大運によってその人の人生が良いほうにも悪いほうにも変わってしまいます。その人にとって良い大運がめぐればその大運の10年は良い10年になります。反対に悪い大運がめぐれば悪い大運(10年)になってしまいます。

命式自体は確かに運の強い弱いは出ますが、大運や年運が良ければ命式が弱くてもそれなりに過ごしていけますし、強い命式ならすごく活躍できる時期になります。

逆に悪い大運や年運の時は運気の強い命式の人でもある程度苦戦しますし、弱い命式の人なら大低迷期になります。

なので同じ命式でも、性別の違いで大きく運勢は分かれます。

今回の美輪さんは女性で占ってみました。これは僕が過去にほかの占い師さんのサイトで性同一障害の人が「心の方」の性で出した命式の方が運勢とぴたりと一致した。というものを見たのもありますし、今回僕が美輪さんのこれまでの人生の事柄をネットなどで調べて照らし合わせた結果、やはり女性の命式のほうが合っているかなと思ったので女性の方で占ってみています。

では美輪さんの命式ですが、日干は(かのと)ですね。辛は女性的なものを表しますのでそこも合うかもしれません。あと繊細で人から愛されるキャラでもあります。見た目は弱々しく見える部分もあり、撃たれ弱さもあります。自尊心を強く持ちます。人の好き嫌いは割と多いです。

通偏に偏財がありますので、見た目の美しさにこだわりがありますし、お人好しのところがあります。勘の鋭いのも偏財の特徴ですね。比肩は自分の生き方を追い求めるとか、自意識の強さに出ることが多いです。頑固であったり、人の意見を聞かないところが出やすいです。頭のいい人が多いです。

12運にがあります。売れっ子の芸能人に非常に多い絶です。一芸に秀でていて、自分の良い部分を見つけて磨けば飛躍的に伸びていくのが特徴です。ただ、ころころと生き方や考えが変わったりもします。

年柱の沐浴は恋多き美輪さんの人生を表しているようでもあります。

は心配性やマイナス思考も表します。テレビで見る限りはそういう風なところはあまり見えないようにも思いますが、実際はどうなのかは分かりません。死がある人は神仏の影響を受けやすいともいわれています。

美輪さんは長崎で生まれ育ち、原爆も近くで体験されています。子供の頃の美輪さんはカフェを経営されていた親の元、比較的裕福な家庭で育ったそうです。

子供の頃の美輪さんは大運が傷官で傷官の特徴である感受性の強さや文章力などの頭の良さも強めに出ていたのではないでしょうか。

17歳で大運は食神に切り替わります。この頃、美輪さんは学校を中退せざるを得なくなり、新宿駅で寝泊まりすることになってしまいました。しかしその後すぐに銀巴里で歌手デビューする事が出来ました。食神の10年は衣食住に関しては困らない生活になると言われていますし、男女ともに恋愛に良い時期でもあります。美輪さんはこの時代に三島由紀夫さんやいろんな有名人とも親交を深めますし、たくさんのボーイフレンドもいたそうです。

「メケ・メケ」がヒットした1957年は美輪さんにとって天戦地冲年でした。唄はヒットしたのですが、本来は天戦地冲の年は人生の中でも非常につらい年になるんです。(美輪さんのこの年に関してはどうだったのか分かりませんが)この後数年間は年運の関係から低迷期になっています。

その後1962年の27歳から大運正財に変わります。正財も通常はだれにとっても良い大運になります。家庭的なもの穏やかなものに目が行くともいわれます。

1966年に「ヨイトマケの唄」が発売されて大ヒットします。1966年は美輪さんの年運は正官。周りからの評価を得るといった意味があります。

1971年に美輪明宏に改名しました。それまでは丸山明宏という名前で活動していたんです。1971年は比肩の年。比肩は新たなスタートを表したりもします。

37歳の1972年より大運偏財に入りますが、偏財の時期は普通ならだれにとっても大体良い時期になるのですが、美輪さんの命式にとっては吉凶ともに出る関係になります。あまりわがままに過ごしては痛い目に合いやすい時期でした。

少し時間を進めまして2005年にはテレビ番組「オーラの泉」が始まりました。この頃の大運が印綬です。伝統的なものとか知性とか芸術を表します。印綬は運気的には少し落ち着いた時期です。この頃からの美輪さんしか知らない世代も多いと思います。もしくはオーラの泉も知らないという世代も多くなってきているかもしれません。オーラの泉はこの手の番組にしては異例の大ヒットした番組です。霊能力のある江原啓之さんとTOKIOの国分太一さんと美輪さんの3人でゲストを毎週迎えてそのゲストの悩みなどを主に江原さんと美輪さんの2人が解決に導くというものでした。国分さんは司会進行という立場でしたが、たまに突っ込みも入れていて3人の会話が面白かったです。

現在の2019年の美輪さんの大運は偏印です。偏印は少し運気的には弱いうえに2012年からの美輪さんにとっての大運が良くない大運なんです。今後運気は上がっていきますが、大運が変わるのが2022年ですので、それまではまだ油断はできません。今の大運の悪い運気の影響は少しずつ薄れては行きますのでもう少しの間はあまり無理をしないで今の時期は次の大運に変わって活動期に入った時のための勉学などに当てるのが良いかと思います。

以上ですが、美輪さんの本は現在つらい時期を送っている人にとてもためになるものだと思いますので、美輪さんの本を読んでみるのをお勧めします。

それではまた次回。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2019 All Rights Reserved.