みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 エイベックスの松浦勝人さんの命式

 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

 

今回は音楽プロデューサーであり、エイベックスの会長松浦勝人さんの命式を見てみましょう。

松浦勝人さんはエイベックスの創業者の1人で現在(2020年)は会長を務めています。エイベックスは1988年に海外のレコードの輸入をする会社として出来てから急激に成長し、小室哲哉さんやTRF、安室奈美恵さん、浜崎あゆみさん等が所属するレコード会社になり日本を代表するようなレコード会社になっています。

松浦勝人さんの命式です。

  • 年柱 甲 辰 傷官 養
  • 月柱 癸 酉 比肩 病
  • 日柱 癸 未    墓

現在の大運は2016年52歳の年から偏官です。

松浦さんの日干です。癸の人は穏やかでおとなしく奉仕の精神を持っています。人を見る目は確かです。対人的には直観力に優れています。努力家でコツコツやり続けられる人です。情報を集め分析するのも得意です。空想好きな面があります。やりたくない事は最初から断固拒否します。同じ癸の有名人はタモリさん、明石家さんまさん、宮崎駿さん、桑田佳祐さん、石原良純さん、堀江貴文さん、前田裕二さん、大野智さん、錦織圭さん、織田信成さん、神田うのさん、浅田真央さん、浜口京子さん、池江璃花子さん、長澤まさみさん、佐藤栞さん、芦田愛菜さん等です。

通変傷官比肩です。性格をより表す月柱には比肩があります。比肩の人は自我意識が強く自分の意見をはっきり言う事が出来ますし、独立心が強いです。頑固で人に命令されるのが嫌いです。能力的にも高く頭の良い人も多いです。自分の考えを押し通そうとするところがあります。年柱の傷官は人にとても厳しい見方をするところがあります。感受性が強くちょっとした言葉にも反応してしまうところがあります。対人的にトラブルにはなりやすいです。文才や職人的な仕事には才能を発揮しやすいです。金銭的に潤いやすいです。

12運養、病、墓です。月柱にはがあります。病の人はとてもこだわりが強いです。穏やかな優しいそうな雰囲気を持ちますので人から好かれやすいです。神秘的なものに興味を持ちやすいです。年柱のは無邪気なところがあり、人から好かれる愛されキャラの人です。特に年上の人から好かれます。ただ、年下や目下の人には厳しく当たってしまうところがあります。人に影響を受けやすいです。日柱のは物事をとても深く考え、先のことまで冷静に判断するタイプの人です。分析力があるので研究にはとても向く人です。墓の人はその名の通りお墓参りをすると開運するとも言われています。

松浦さんの命式は癸が2つあるなど少し偏りがあります。こういった命式の人は運勢にも良い時期と悪い時期に差が出る事が多いです。また、通変は比肩と傷官ですのでやはりお金には縁があります。比肩があるので特に自分で経営者に向いていますのでそれも自分に向いている方向に進んでいる事を示しています。

松浦勝人さんの大運の巡り

松浦さんの立運は2歳になる年です。最初の大運は傷官でした。傷官の時期には感受性が強くなり、誰かの言った一言にとてもイラっとしたり反抗的な態度をとったりします。感受性が強いので傷つきやすく、気難しい子供になりがちです。

1976年12歳の年に大運は食神になります。食神の時期にはおおらかな性格が出て、人懐っこさが出ます。対人運、金運、異性運も良い時期です。マイペースさが出るのでわがままな面が出る人もいますが、基本的にとても運勢も強く楽しい時期になります。松浦さんはこの大運の時期にアルバイト先の人達と現在のエイベックスの前身ともいえる会社を作ることになります。

1986年22歳の年に大運は正財になります。正財の時期にはとても運勢が上がります。人生の最高潮の時期の一つです。ただ、保守的な部分が強く出ますので、あまり活動的ではなく、誰とでも付き合うわけでもなく、少人数での行動も多くなります。金運も強くため込む力もあります。この大運の切り替わりの年に松浦さんはアルバイト先のオーナーからの話がきて共同出資により、会社を設立します。この時松浦さんはまだ大学生ですので実の父親からお金を借りたそうです。正財には何かを引き継ぐという意味もありますが、この事も広い意味で言うと正財の時期の影響かもしれません。また、大運の切り替わりの年にはその人にとって大きな出来事が起きがちですが、この事も大運の切り替わりの年にあった出来事でした。この運気の良い時期に松浦さんは会社をどんどん大きくしていきます。この大運で結婚もします。

1996年32歳の年に大運は偏財になります。偏財の時期もとても運気の高い時期になります。正財の時期に比べて活動的になり、外で過ごす事が多くなります。対人運も金運も良く、楽しい時期になります。松浦さんの場合はこの大運は命式との相性が少し悪い部分がありますので少しの凶作用が出ます。凶作用は自分の意見や意思を押し通そうとしてとか、見切り発車的な所から出やすいです。この大運では松浦さんは浜崎あゆみさんとの出会いや、畑田亜紀さんとの結婚がありました。仕事面でも絶好調の時代です。

2006年42歳の年に大運は正官になります。正官の時期には真面目さが強く出ます。社会的には評価を得られる時期です。エリート志向が強くなるため権威や権力にも興味が出ます。この時期は松浦さんの命式と最も相性が悪い時期ですので運気的には一番悪い時期となります。

2016年52歳の年に大運は偏官になります。偏官の時期はストイックさが強く出て、仕事面ではとても頑張ってしまいます。必要のないことにまで手を出したりもしますし、危ない橋があっても平気で渡ってしまうような時期です。とにかく行動的で闘争的になります。トラブルなども多くなりますし、無理をしてけがもしがちです。ただ、とても活動的でパワフルで達成感などは多く味わうかもしれません。運勢的には少しだけ相性の良くない部分もあります。自分のやりたい事が出来ないなど、ジレンマを感じる事も多い時期になるかもしれません。

2026年62歳の年に大運は印綬になります。印綬の時期は学問や研究、伝統などに縁のある時期で、そういった事に才能を発揮できます。芸事にも強い時期ですのでお仕事的にはこの大運は良い大運になると思います。この時期は少し大人しい性格が出ますので外に出て活動的になる時期ではなく、比較的家にいる事が多くなります。

松浦さんの大運の巡りを見てみましたが、松浦さんは若い頃から食神、正財、偏財ととても良い大運が連続してきました。とても運勢の強い時期が30年も続いたことになります。しかもこの時期には命式との相性も悪くなく、凶作用も入る事のない30年でした。10代、20代、30代は最高の時期になった物と思います。その後40代で一番相性の悪い大運を経験しています。あまり資料が無いのでこの頃の松浦さんの詳しい状況は分かりませんが、この大運は占い上はとても悪い大運でした。その後も少し相性の悪い大運が続きます。今の大運は印綬で次の大運は偏印です。両方とも芸能分野には強い大運ですのでこれからの大運では仕事面ではとても良い時期と言えます。私生活上では活動的ではなく大人しさが出る時期と言えます。偏印の時期は特にアイデアにも優れ、いい考えが湧きやすい時期です。

それではこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2020 All Rights Reserved.