みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 藤子不二雄の命式

 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回は漫画家の藤子不二雄さんの命式を見てみたいと思います。

藤子不二雄さんはドラえもんをはじめ、怪物くん、パーマン、忍者ハットリくんなど沢山の大ヒット漫画を生み出した漫画家です。藤子不二雄は藤子・F・不二雄さんと藤子不二雄Ⓐさんの2人で漫画を描いていました。ただ、実際は2人で書いた作品は少なかったそうで、有名な所ではオバケのQ太郎ぐらいまでしか2人での共作というものは無かったそうです。それ以後は藤子・F・不二雄さんが、ドラえもん、パーマン、キテレツ大百科、エスパー魔美、21エモン等を描いて、藤子不二雄Ⓐ さんが忍者ハットリくん、怪物くん、プロゴルファー猿、笑ウせぇるすまん等を描いていたそうです。

ただ、2人は不仲からコンビ解消したわけでは無く、ずっと以前から別々の漫画を描いていたのに、お互いの漫画が売れている今もずっと藤子不二雄のネームバリューを利用して描いていくのもおかしいだろうということと、藤子・F・不二雄さんのドラえもんの版権などが莫大なものになるため、お互いの子孫に遺産争いが起きては困るという事でコンビを解消したそうです。

藤子・F・不二雄さんは1996年に62歳という若さで亡くなってしまいましたが、藤子不二雄Ⓐさんは2020年現在86歳でまだお仕事もされているそうです。

では藤子・F・不二雄さんの命式から見てみましょう。

  • 年柱 癸 酉 食神 建禄
  • 月柱 癸 亥 食神 沐浴
  • 日柱 辛 丑    養

藤子・F・不二雄さん日干です。辛の人は温和で優しい人で、みんなから愛されるような雰囲気を持っています。細やかなところに目が届きます。飽きっぽいところがあります。人から見ると弱弱しく見えます。実際傷つきやすいです。思い込みが激しいところがあり、人の好き嫌いも多い方です。冷静であらゆるセンスがあります。同じ辛の有名人は他に、小泉純一郎さん、今田耕司さん、中居正広さん、草彅剛さん、武田鉄矢さん、加藤浩次さん、ヒカキンさん、相葉雅紀さん、山里亮太(南キャン)、ノブ(千鳥)さん、ナダル(コロチキ)さん、井上尚弥さん、イチローさん、吉田沙保里さん、指原莉乃さん、吉永小百合さん、篠原涼子さん、安藤美姫さん等です。

通偏食神が2つあります。食神は衣食住には困らない星と言われています。貧乏しても何らかの助けがあって、衣食住に困らないとされています。また、お金を作り出すという見方も出来る星です。食神の人は、楽観的で人懐っこいです。自分をストレートに出すことが出来る人です。なので、味方も多いですが、逆にうっとおしがられることもあるかもしれません。自分の興味のある事にはのめり込みますが、苦手な事には途端に怠けてしまいます。とてもマイペースで、時にわがままにもなります。楽しむことには天才的な才能を持ちます。

12運建禄、沐浴、養です。性格をより表す月柱は沐浴です。沐浴の人は変化や刺激を常に求める人です。好奇心旺盛で、自由大好きな人です。さみしがり屋でもあります。年柱は建禄です。建禄は運気的にも強いですし、真面目で現実的なものの見方をします。人から助けられたり、あるいは人を助ける事も多いでしょう。日柱のは無邪気で子供っぽいところがあります。年上の人から好かれやすいです。ただ、目下の人には冷たくあしらったり、きつく当たったりする人も多いです。人から影響を受けやすいです。

次に藤子不二雄Ⓐさんの命式です。

  • 年柱 甲 戌 偏財 衰
  • 月柱 丁 卯 正官 胎
  • 日柱 庚 辰    養

現在の大運は2012年78歳の年から正財です。

藤子不二雄Ⓐさんの日干です。庚の人はポジティブで行動的です。感性か鋭いです。知的好奇心も強いです。自分に厳しいところがありますが、人にも厳しく当たってしまうところがあります。嫌いな人は受け付けないです。人の意見よりも自分の意見を押し通します。意外と小心者のところがあります。庚の他の有名人は安倍晋三さん、島田紳助sなん、宮迫博之さん、マツコ・デラックスさん、、松本潤さん、アンガールズ田中さん、羽生善治さん、山口達也さん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、安室奈美恵さん、友近さん、YOUさん、山瀬まみさん等です。

通偏偏財正官です。性格をより表す月柱は正官です。正官の人は品格のある真面目なタイプで、エリート志向です。権威や権力に執着します。ブランドに弱いです。他の人からの信頼感はありますが、どこか堅苦しさがあります。集団の中でコツコツとやり、やがて頭角を現すタイプです。サラリーマンなら出世するタイプの人です。年柱は偏財です。偏財の人は活動的で社交性もあり、お金は入って気はしますが、出ていくお金も多いです。人に親切でお人好しです。インテリアや見かけにこだわります。服装なども自分なりにこだわった方が運気的には良いです。仕事面では自営業に興味を持ちやすいです。

12運衰、胎、養です。月柱はです。胎の人はピュアで常に理想を追って生きます。飽きっぽいので何かを途中で辞める事も多いですが、自分に合うものを探している途中ですのでいろいろ経験するのも良い事ですので、色んなものに挑戦していくと良いです。そのうち自分に合うもの合わないものが分かってきます。空想癖があります。年柱のは知的で温和で人のサポート役がとても上手な人です。センスもあって、運気的にも強いです。日柱のは、Fさんにもありましたが無邪気で年上の人から好かれます。目下の人には厳しく当たってしまうところがあるのでそこは注意した方が良いでしょう。他人から影響を受けやすいです。

では大運の巡りを見てみましょう。

藤子・F・不二雄さんの立運は7歳の年でした。最初の大運は傷官です。傷官は感受性が強まります。感性が高まる分、漫画などの腕前は上がるでしょう。ただ、この傷官の時期は感受性が高まるためトラブルも多くなりがちで、少し他の人からは気難しいというか分かりにくい子供と見られるためひとりで過ごす事が多くなります。運気的にはFさんの命式との相性も悪くないので良い運気の時期です。この時期にFさんは相方のⒶさんと出会い、Ⓐさんの影響で漫画を描き始めます。腕前も確かで漫画賞には何度も受賞したそうです。

1951年18歳の年に大運は比肩になります。この比肩は独立心や自我意識の高まりがあります。Fさんはこの時期に一度就職しますが、すぐに辞め漫画家の道に進みます。この比肩の時期には自我意識が高まり、独立心が強く出ます。そして相方のⒶさんを誘い東京に出て有名なときわ壮で藤子不二雄の2人での漫画家の生活が始まります。この頃もヒット作と呼ばれるものはありませんが、漫画の仕事自体はたくさんあって忙しい生活をしていました。

1961年28歳の年に大運は劫財に変わりました。劫財の時期は比肩と同じく独立心や自我意識の高まりはありますが、仲間意識や一発当ててやろうという野心が強まります。この大運の時期にまだ2人は一緒に漫画を描いていました。この大運の中の1964年にオバケのQ太郎を描き大ヒットします。劫財の時期ですので共同作業は運気的には良いものを引き寄せます。その後、Fさんの単独の作品であるパーマンも1967年に発表してこちらも大ヒットします。ただ、このあたりから2人はお互い独自路線の漫画を描き始め、お互い単独での仕事を始めます。

1971年38歳の年には大運は偏印になります。偏印の時期は芸術や音楽、芸事にはとても強い時期です。誰にも思いつかないようなアイデアも出やすいです。漫画家としてはとても良い時期になります。ただ、私生活では偏印の時期はそれほど強い運勢ではありません。しかもこの大運はFさんの命式との相性があまり良くない大運でした。この時期は運気的にはやや低迷していて不安感や落ち着きの無さのような物にも襲われやすい時期です。この頃Fさんは1970年にドラえもんが連載開始されていました。ただ、とてもいい作品の割には当初はあまり人気がありませんでした。一度アニメ化されますがすぐに打ち切りになります。この時期には相方のⒶさんの漫画の怪物くんやハットリくんが人気の中、Fさんの作品はそれほど売れていなくて悩んでいた時期でもありました。しかしドラえもんはその後人気は高まっていき、1979年にまたアニメ化されてその後人気に火が付きます。その後何十年もテレビ放送される国民的アニメになります。この時期にはキテレツ大百科やエスパー魔美なども連載されていました。

1981年48歳の年に大運は印綬になります。印綬の時期は知性が強まり、学問や研究の力が伸びます。また伝統的なものに興味が強くなります。この時期には藤子不二雄の人気は頂点に達していて、FさんのドラえもんやⒶさんのハットリくんや怪物くんなどアニメ放送もたくさんされていましたし、漫画もとても売れていました。印綬の時期も運勢はあまり高くはなりませんがFさんの命式との相性も悪くなく、Fさんにとってはまずまずの運気の時期です。

1991年58歳の年に大運は偏官になります。偏官の時期は仕事にはストイックになり、やらなくていいことまでやってしまうような自分にとってはしんどい時期でもあります。また、危ない橋があってもなぜか渡ってしまうような、前へ前へ行ってしまう時期です。しかもこの時期はFさんの命式にとって大変相性の悪い時期でした。Fさんの命式は年柱と月柱に癸がある少しバランスの悪い命式ですので良い時は非常に良いのですが、悪い時にはとても悪いという事がよく起きる命式の人です。この大運の1996年にFさんはお亡くなりになりました。晩年は体調を崩されることが多かったそうですが、それでも大運偏官の影響からか、机に向かって鉛筆を動かしていたそうです。

Fさんの命式と大運を見ると若い頃の傷官、比肩、劫財の時期の運勢が強かったのですが、それ以降の偏印、印綬などの運気はあまり良くなかったようです。この偏印の時期にドラえもんは大ヒットし始めますが、私生活の上ではあまり良い運気の時期ではありませんでした。しかし、運気の良い若い頃に色々自ら新聞社に4コマ漫画を描かせてくれと売り込みをしたり、上京してときわ壮に住んだり、手塚治虫さんにも会いに行ったりしています。この頃の下地があの大ヒットアニメにつながったんだと思うと、その当時の少しの努力が後に大きな花を咲かせるきっかけになるんだと、特に運勢の良い時期にこういう努力や行動を起こすと大きく後の運命が変わるんだと思わされました。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2020 All Rights Reserved.