みんなで幸せな人生を目指すブログ!

何のためにこの世に生まれてきたのか?のお話

2019/12/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

こんにちは。今回は久しぶりに斎藤一人さんのお話と生まれ変わりのおです。

斎藤一人さんという方は、銀座まるかんという健康食品や美容関係の商品をとりあつかっているお店の創業者です。

この方の書籍は出るたびにベストセラーになるほどの人気なので知っている方も多いと思います。

この斎藤一人さんは不思議系のお話をよくされることでも知られています。しかもお話も面白いので、僕も毎日のようにCDを聞いています。

この方のお話としては霊の話言霊の話死ぬとどうなるのかの話など、普通の人が話したら結構重くなるようなテーマでも、笑える話になっちゃうのが特徴です。しかも毎回感心させられます。感動もします。

その中で今日は一人さんお話を中心としてお話します。

一人さんは、小さいころから光の玉というものと出会っていたらしいんです。わからないこととかがあると、夜に光の玉が出てくるので、その玉に聞いていたそうです。というか、わからないことがあった時、光の玉が表れて、その光に包まれたらいつの間にかその分からなかったことが分かっているようになっていたそうです。

ここまで聞いて、怪しいなって思った人。正解です。怪しいんです。でも、僕はその光の玉の話が本当でも嘘でも構わないんです。

一人さんの話は、本当に面白いし、ためになるのでそれでも聞いています。(光の玉の話を信じていないわけではないんですよ。僕も自分にも少しはスピリチュアルな力があると思っていますので、そういうこともあるかもしれないなと思っています。)

それで、一人さんはこの世の中のすべての人には、針の先ほどの小さな小さな神様の「分け御霊」というものが入っているんだと言います。

つまりはみんな誰しもほんの少しだけ神様なんです。だから、人をバカにしたら神様をバカにしているのと同じだし、人をだましたりしたら神様をだましたのと同じなんです。

それに、困っている人を助けてあげたとしたら、神様はとても喜びます。なぜなら、この世の人はみんな神様の分け御霊を持っているので、人間は神様の子供のようなものだからです。だから、人を助けたりなんかしている人は神様にかわいがられるというわけです。

あとは人間は死んだら、神様に聞かれることは2つだけだと言います。

その2つは何だと思いますか?

人に親切にしてきましたか?というのとこの世を楽しんできましたか?という2つだそうです。

これに関して、僕は中間生記憶という言葉を思い出すんです。中間生記憶というのは、たまに前世の記憶を持っているという人がいますが、前世と今世の間の事を中間生と言います。つまりあの世と言ってもいいかと思います。

あの世の記憶。そこは生まれる前の雲の上の世界の事です。なんかわけのわからない話になってきたなと思うかもしれませんが、そういう記憶を持って生まれてくる子供がいるんです。というか聞かないから答えないだけで、中間生記憶を持っている子供はたくさんいるともいわれています。ちなみに中間生記憶は10歳を前にするとだんだん薄れていって消えていくことがほとんどだと言います。

よく3歳くらいの子供に〇〇ちゃんは生まれる前はどこにいたの?とか聞くと「雲の上」とかいう子供がいるんですが、それが中間生記憶である可能性は高いんです。なぜなら中間生記憶を持つ子供は皆大体同じことを言うからです。

雲の上にいた。

神様のような人がいた。

雲の上の世界でテレビのような画面で地上を見てママになる人を選んできた。

滑り台のようなものに乗ってママのおなかの中に入った。

など、共通する記憶が本当に多いんだそうです。

その中にさっき出てきた言葉があるんです。この世には何のために生まれてきたのか?と中間生記憶のある子供に聞いてみると子供たちみんな口をそろえたようにいう答えが、「人の役に立つため」というものです。これは一人さんが言う人に親切にするというものとすごく似ています。

人の役に立つ、人に親切にする。このために人は生まれてきたのかなあ?と思うんです。

一人さんは、それがこの世の成功法則でもあると言います。人に親切にする(人の役に立つ)ことと、この世を楽しむこと。

これって成功者がよくやっていることですよね。

元ZOZOTOWNの前澤友作さんもZOZOを作ったきっかけは、アメリカの同時多発テロをみて、ショックを受けて、戦争のないみんなが楽しめる世界にしたいという理由でした。ZOZOTOWNの企業理念は「世界中をかっこよく、世界中に笑顔を。」です。

フェイスブックの創業者もきっかけは自分たちが便利に使えるものを作ったわけですが、結果的にはみんなの役に立っています。世界中がいろんな良い出会いや情報交換が簡単に出来るようになりました。

昔の人で言えば、松下幸之助さんが作った二股ソケットも暮らしが便利になるのに大変役立ったし、その後の開発した機械も人々の暮らしに大変役立っています。

その辺の小さな会社だって人の役に立っている会社ほど儲けています。

お金もそうですが、人の役に立っている会社はみんなに感謝されますし、好かれていますよね。人に大切にされています。

というお話でした。何のために生まれてきたんだろう?とか嫌な社会だなとか思う方もいるかもしれませんが、人の役に立って、自分も楽しむような生き方ができればきっと幸せは近づいてくるんじゃないかと思います。一人さんが言うには、人に親切にするっていうのは、お年寄りや体の弱い人の重い荷物を持ってあげる程度でもいいそうですよ。それぐらいなら誰でもできますよね。そうすると神様も喜んでくれてかわいがってくれるそうです。

それでは今回はこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2019 All Rights Reserved.