みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 平成ノブシコブシの命式

 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回はお笑いコンビの平成ノブシコブシさんの命式を見てみたいと思います。

平成ノブシコブシと言ってもピンとこない人も多くなってきたかもしれません。今は二人ともピンでの活動が多いみたいです。徳井健太さんと吉村崇さんのコンビで昔は吉村さんが自分のワキを鳴らす芸をよくしていました。コンビでピカルの定理にも出演していました。この間このコンビの内の1人の吉村さんが3500万円の高級車を購入するという記事を見て興味を持ちました。同じぐらいの時期に芸能界に入ったフルーツポンチというコンビの亘さんのほうが今、バイトをしだしたという話をちょっと前にテレビで聞いたので(本当かどうかわかりませんが)、2つのコンビで正直そんなに差はないように見えていたのでこんなに差が出るものなのかと驚きました。普通の世界よりは確かに大きく差が出る世界だとは思いますが、ここまでの差だとは思っていませんでした。

それともう一つ、この平成ノブシコブシのコンビの仲がとても不仲であるという話もよく聞きますので見てみようと思いました。

ではまずは徳井健太さんの命から

  • 年柱 庚 申 偏印 長生
  • 月柱 辛 酉 印綬 沐浴
  • 日柱 壬 辰    墓

現在の大運は2017年37歳の年から傷官です。

徳井さんの日干です。壬の人は大らかで、柔軟性(人に合わせる能力)があり、他の人がしないような発想力があります。現実的な知恵を持ち、社交的で優しいです。したたかな計算高い所もあります。束縛を嫌います。同じ壬の有名人は小田和正さん、村上春樹さん、郷ひろみさん、東野圭吾さん、前澤友作さん、堺正章さん、関口宏さん、有吉弘行さん、ダルビッシュ有さん、小池百合子さん、綾瀬はるかさん、川口春奈さん、石原さとみさん、沢尻エリカさん、広末涼子さん等です。

通変偏印印綬があります。両方とも知性の星ですね性格をより表す月柱には印綬があります。印綬の人は真面目で優しいタイプです。勉学や研究に向いています。頭も良い方です。偏印ほどではないですが、芸事や芸術、音楽にも才能を発揮できますし、興味も持ちやすいです。年柱の偏印は芸能、芸術等にとても向いています。発想力もとてもありますし、そのために空想の世界に入りやすいです。偏印の人は地味な作業をずっと続けるのは苦手で、変化の多い仕事に向いています。芸能界もとても合うと思います。

12運長生、沐浴、墓です。月柱は沐浴です。沐浴の人は新しいもの好きで、刺激の強いものを求めてしまいます。やんちゃな少年のようにムチャな事をしてしまったりもします。飽きっぽく、次々に興味の湧くほうへ行ってしまうので、浮気の星とも言われることもあります。年柱の長生はとても素直で優しく、家族を大切にします。人を裏切るのも大嫌いです。なので人からは信頼されやすいです。ただ、騙されやすいところがあります。日柱のは物事をとても深く考えてしまいます。話し相手があまり意味もなくふといった言葉にも考え込んでしまうところもあります。深く考えるので研究職にも向きます。

次に吉村崇さんの命式です。

  • 年柱 庚 申 印綬 死
  • 月柱 癸 未 比肩 墓
  • 日柱 癸 未    墓

現在の大運は2019年39歳の年から偏財です。

吉村さんの日干です。癸の人はおとなしく穏やかで奉仕の精神を持っています。人を見る目にも優れていて、対人的な直観力も鋭いです。努力家でコツコツ続けられます。情報を集め、分析するのが得意です。臆病、慎重、空想好きなところがあります。プライドがかなり高いです。やりたくない事は断固拒否します。同じ日干癸の人は他に宮崎駿さん、タモリさん、明石家さんまさん。桑田佳祐さん、織田信成さん、堀江貴文さん、錦織圭さん、前田裕二さん、石原良純さん、大野智さん、長澤まさみさん、神田うのさん、浜口京子さん、浅田真央さん、佐藤栞さん、芦田愛菜さん等です。

通変印綬比肩です。性格をより表す月柱には比肩があります。比肩の人は自我意識が強く運の意見をはっきりと言えます。人に命令されるのが嫌いです。能力的に高く頭も良いです。年柱は印綬です。印綬は徳井さんにもありましたが、真面目で優しく、学問や研究に向いています。家族を大事にします。

12運死、墓、墓です。月柱はです。墓の人は物事をとても深くまで考えます。なので研究職にも向いています。吉村さんはこの墓が2つありますのでこの墓の性格が強く出ます。年柱のは心配症なところが強く出ます。マイナス思考になりがちなところがあります。神仏の影響を強く受けるとも言われていますので、神社仏閣に参拝するのもいいかもしれません。

 

平成ノブシコブシの2人の相性

さて、この二人ですが、相性的には日干で言うと徳井さんがで、吉村さんがです。同じ水の五行ですが、陰陽が違います。この関係は相性劫財と言います。基本的に初めは同じ五行なのですぐに仲良くなりますが、結構喧嘩は多くなる関係性です。それでも地支などのかんけいが良ければ、それほど問題はありません。基本的にこの相性劫財の関係は男女間でも同性でも喧嘩になったら陽の干の人が勝ちます(喧嘩が強いという意味ではありません)。なのでこの2人なら陽の干の徳井さんの方が強い関係です。

次に地支の関係を見てみますと、支合や三合、冲等の関係はありません。ただ、月柱の(吉村さん)、(徳井さん)の関係はなかなかいい関係です。なので性格的にはなかなかいい関係の2人という事が出来ます。年柱はお互いです。この関係は自刑の関係にはなりませんが、やはり同じ位置に同じ地支があるという事はお互いが張り合う関係にはなりがちです。

総合してみますと、日干が相性劫財の関係で、悪いわけでは無いけど喧嘩は多くなる、地支の方を見ると性格はまずまず合う方で、でも少し張り合う事も出てくるといった関係なので、仲はそれほど悪いわけでは無さそうですね。喧嘩は多くてもコンビとしては感性も合うはずなのでいいコンビでいられると思います。

2人の大運の巡り

徳井さんの大運の巡り

大運の巡り方を少し見てみましょう。徳井さんの方は立運7歳の年で最初の大運は比肩でした。子供の頃の比肩なので気難しい所はあったかもしれませんが、基本自分でなんでもできるような子供時代だったのではないかと思います。

1997年17歳の年に大運は劫財になります。劫財の時期は自我意識が高まりますので自分の意見をはっきり言えるようになります。また、仲間意識が強くなりますので年齢肩書を問わず誰とでも友達のように接する事が出来るようになります。ハイリスクハイリターン的な考えをします。野心が強いともいえると思います。この時期には友達も普通は多くなり、大きな夢に向かって進んだりします。仲間というのはこの時期に大きな意味を持ちますので、いいなかまをみつけるのがこの時期の大切なポイントになります。徳井さんはこの時期の2000年によしもとのお笑い養成所NSCに入って相方の吉村さんとコンビを組みます。とても良い時期に巡り合えたなと思います。

2007年27歳の年に大運は食神になります。食神の時期は基本的には良い時期になります。おおらかな性格が強く出ます。マイペースになり、楽しみごとに没頭します。人から見るとわがままに見られることもあるでしょう。本来なら楽しいことも多く、衣食住に困らないとされるこの大運ですが、徳井さんにとってはこの大運はとても相性の悪い大運でした。なのでこの食神の特徴が悪い方へ出てしまいます。精神的にもつらい大運になったかもしれません。

2017年37歳の年に大運は傷官になります。傷官の時期は感受性が強くなり、イラっとしやすくなったり、反抗的になったりします。この時期は良く反抗期の少年少女に例えられる時期です。相手のちょっとした一言にもイラっとしたりします。ただ、感受性が強くなる分感性が磨かれ、文才や、芸事にはとてもその才能を発揮できますし、職人的な仕事にも力を発揮できます。なので徳井さんのように芸能界の仕事をしている場合は良い大運と言えると思います。この大運も徳井さんの命式にとって少しだけ相性の悪さがありますので、少しだけ凶作用は出ると思います。ただ、その凶作用は小さい物でしょう。

2027年47歳の年に大運は偏財になります。この大運偏財はとても良い大運ですのでこの時期には色々な事にチャレンジしたり、仕事にも遊びにも忙しくなる良い時期になります。ただ、この時期も少しだけ命式との相性が悪い部分もありますので、少しだけ凶作用は出るかもしれません。

では相方の吉村さんの大運の巡りを見てみましょう。

吉村さんの立運9歳の年でした。最初の大運は傷官です。傷官は反抗期の少年少女に例えられるように一筋縄ではいかない、反抗的になったり気難しくなったりする時期です。

1999年19歳の年に大運は食神になります。食神の時期は恋愛運も全体的な運も上がります。とても楽しいことに興味を持ちますし、そういった事を引き寄せます。2000年20歳の年に吉村さんは相方の徳井さんとコンビを組みます。吉村さんは徳井さんとコンビを組むまで7回も解散しているそうです。徳井さんも何度か解散は経験されているそうですが。平成ノブシコブシは着々と仕事をこなしてだんだん大きな舞台に挑戦していきます。

2009年29歳の年に大運は正財になります。正財はとても運気の良い時期です。あまり行動的な大運ではなく、保守的になるのが普通です。なので一時期吉村さんがしていた破天荒なキャラとは少し違う時期になりますが、ただ、この時期は吉村さんの命式との相性から少し凶作用が出ます。それはつい突っ走ってしまったり、無計画なまんま飛び込んでしまうような失敗として現れたりします。凶作用としては弱いのでそれほど気にしなくても良いと思いますが、少し慎重にいったほうがいい時期でした。

2019年39歳の年に大運は偏財になります。この大運も基本的にはとても良い時期になります。偏財の時期には行動力も増して、大変楽しい時期になります。運勢的にもとても強く、金運対人運、男性なら特に異性運も良いです。この大運の時期も吉村さんの命式と少しだけ相性が良くない部分がありますので少しだけ凶作用がでます。この大運でも計画不足や見切り発車での失敗などに注意がいるでしょう。ただ、元々の大運の運気が強いのでそれほど心配はいらないでしょう。

こうして見てみるとやはり吉村さんの大運がとても良い時期になっていますので、これだけの活躍も納得できるものですね。しばらくはこの大運の中ですのでこれからも色んな事にチャレンジしていった方が良いと思います。一方徳井さんの方は悪い大運から最近抜けましたのでだんだん運気は高まっていきます。特に次の大運はとても良い大運ですのでこれからいろんなことにチャレンジしていっても良いと思います。ただ、今の大運の中にいる間は対人トラブルは注意が必要です。

それではこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2020 All Rights Reserved.