みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 デヴィ夫人の命式

 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回はデヴィ夫人の命式を見てみましょう。

デヴィ夫人は日本の東京で生まれ、のちにインドネシアの当時の大統領スカルノ氏と結婚した方です。この方の経歴は少し変わっていてとても興味深い方です。日本にいた頃は定時制の高校に行きながら大手の生命保険会社に就職しています。彼女の家庭は貧しかったため、休みの日には飲食店でアルバイトもしていたと言います。その後高校を中退した後、高級クラブで働き始め、19歳の時にインドネシアの開発援助の名目でスカルノ大統領の元に貿易会社の秘書という事で入国します。当時のインドネシアは独立後間もない国で各国からの援助をとても頼りにしていました。その後デヴィ夫人は大統領の愛人となり、ほどなくして結婚します。今はどうなのか知りませんが当時のインドネシア大統領は一夫多妻制だったようでデヴィ婦人はスカルノ大統領の3番目の婦人となりました。その後1965年のクーデターにより、スカルノ大統領は軟禁され、デビ夫人はフランスに亡命してその後数十年して日本に戻ります。

現在はタレント活動をしていて、元気な姿をよくテレビで見せられています。

ではデヴィ夫人の命式です。

  • 年柱 庚 辰 傷官 衰
  • 月柱 戊 寅 劫財 死
  • 日柱 己 卯    病

現在の大運は2019年79歳の年から比肩です。

日干です。己の人は堅実でマイペース。落ち着きがあって保守的です。なんでも普通の人以上にこなすような多才な人です。常識人で勤勉です。良い意味で計算高さを持っています。人を受け入れる器の大きさがあります。(初めから拒絶しません)本心を隠すところがあり餡巣。己の他の有名人は北島三郎さん、秋元康さん、林修さん、有田哲平さん、アントニオ猪木さん、山本太郎さん、松坂大輔さん、長友佑都さん、アンガールズ山根さん、中島みゆきさん、山口百恵さん、水卜麻美さん、ベッキーさん、深田恭子さん、山口もえさん、平手友梨奈さん、永野芽衣さん、などです。確かに多彩な人で頭の良い人が多いように見えます。

通偏傷官劫財です。性格をより表す月柱には劫財があります。劫財の人は自意識が強いです。ですので自分の意見ははっきりと言います。ただ、仲間意識は強く、年齢や肩書を問わずに幅広く友達のように接することが出来ます。遊びや付き合いで浪費も多くなります。野心を持ちハイリスクハイリターンな生き方をしがちです。年柱の傷官は人に対してとても厳しい見方をします。感受性がとても強いのでちょっとしたことでもイラっとしたりします。ただ、感受性が高い分、感性は磨かれていて、文才や芸事や、職人的な事には非常に才能を発揮したりもします。食傷(食神と傷官)はお金を生み出す星と言われているのでお金の面で潤いやすいです。女性に傷官があると、結婚恋愛で苦労が多くなると言われます。(妻の星である正官を剋する位置にあるから)デヴィ夫人は年柱の12運が強いので年柱の性格が強く出るかもしれません。

12運衰、死、病です。月柱はです。死の人は心配性でついマイナス思考になってしまいます。人の事を心から信じる事が出来ないタイプが多いです。年柱のは知的で温和。色んな意味でセンスのある人です。人のサポート役がとても上手な人です。少し猜疑心が強い部分とか、我慢することも多くなりがちです。日柱のはとにかくこだわりが強いです。自分なりにこだわりがありますのでそのことがうまくいかないと思い悩んでしまいます。雰囲気は 優しそうな雰囲気を持つので人からは好かれることが多いです。神秘的なものに興味を持ちます。空想の世界にも入りやすいです。

◎デヴィ夫人の大運◎

ではデヴィ夫人の大運の巡りを見てみましょう。

デヴィ夫人の立運は0歳の年です。最初の大運は偏印でした。偏印は知恵の星。特に芸術、音楽、芸事などに興味が向きます。また、変化や破壊と創造の星ですので変化の多いじきで、平凡な日々にはなりにくいです。子供の頃の偏印ですので親の環境の影響を受けますのでストレートには出にくいかも知れませんが、それまでやっていたことを簡単に辞めて別の事をしたりとか、人と違った発想をしたりは多いと思います。

1949年9歳の年から大運は印綬になります。印綬も知恵の星です。こちらは勉学や研究が得意になります。母性や父性も強くなり家庭的で優しい雰囲気を持ちます。デヴィ夫人のこの大運は命式との相性が少し悪いので不安定さも出てきます。感情が不安定になったり、心配事が増えたりします。

1959年19歳の年に大運は偏官の時期になります。この時期は特に仕事に対してストイックになり、何事にも妥協を許さず、精神的には疲れる時期と言えます。そのため怪我や疲労による病気も多い時期です。女性の場合は恋愛や結婚も表します。デヴィ夫人はこの大運になったころにインドネシアに行きます。そしてわずか数年で大統領夫人になりました。その後1965年にはもうクーデターが起きますので、激動の時代であったわけです。

1969年29歳の年に大運は正官になりました。この大運はデヴィ夫人にとってはとても相性の悪い大運でした。空回りの多い時期になりました。正官ですので、仕事面や恋愛面において悪い影響が出やすい時期でした。

1979年39歳の年に大運は偏財になります。偏財の時期は大体誰にとっても良い時期になります。デヴィ夫人のこの時期は運勢的には今までで一番強い時期でした。この偏財の時期は外に出て活動的になり、色んな人と出会ったり、仕事面でも色んな方面に手を伸ばしたりできる時期です。デヴィ夫人もこの時期は社交界で活動したり、事業も営んでいたようです。

1989年49歳の年から大運は正財になります。正財の時期も普通はとても良い時期です。偏財の時期と違って、少し落ち着いた生活を好みます。少人数でも行動が多くなり、家にいる時間も長くなります。デヴィ夫人のこの大運は少し相性の悪い部分もありますので吉凶混合という時期です。出てくる現象として、自分の意思を押し通してのトラブルや、軽はずみな行動や計画不足からくる失敗などです。

1999年59歳の年から大運は食神になります。食神の時期も多くの人にとって良い時期です。デヴィ夫人にとっても良い時期と言えると思います。食神の時期は仲間とともに楽しむことが多くなる時期です。ただ、マイペースで怠け心も出やすいですので、そういった事でのトラブルはあるかもしれません。付き合う人も多くなり、一緒に食事や趣味に浸るなど楽しいことが多くなる時期です。

2009年69歳の年から大運は傷官になります。所管の時期は感受性が高まりますので、イライラすることも多くなりますが、芸能界に生きる方にとっては良い部分も多いです。感性が磨かれるため、文才や芸能活動にとってはプラスになると思います。気の利いたコメントなども簡単に出るようになるかもしれません。

2019年79歳の年から大運は比肩になります。比肩は独立心や自我の強さが出る時期です。頭の回転も速くなり、能力的にも高い時期です。ただ、自分の考えを押し通そうとしたり、他人から命令されるのが大嫌いになる時期でもあります。デヴィ夫人に命令する人はあまりいないでしょうが、上から目線で行くととても反発します。運勢的にも割と良い時期がしばらく続きます。2023年あたりは少し注意年です。あまり無理をするとけがなど危険なこともでてきやすいです。

それではこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2020 All Rights Reserved.