みんなで幸せな人生を目指すブログ!

ビッグ3の名言 タモリさん、ビートたけしさん、明石家さんまさ

2020/02/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回はお笑いビッグ3のタモリさん、ビートたけしさん、明石家さんまさんの名言についてのお話です。

最近の方はビッグ3という言葉自体を知らない人も多いかもしれませんが、少し前の時代にタモリさんとビートたけしさんと明石家さんまさんの3人がお笑い界のビッグ3と言われていました。それだけテレビの世界で大活躍されていたんです。

今回はこの3人の名言を集めてみました。芸能界で大活躍された人たちなのできっとこの世の中でよい人生を送るための方法を知っているんではないかと思いました。それにこの方たちの名言を見ていてそれぞれに過ごされてきた過去の人生が端々に表れているように見えて面白かったんです。

では、さっそく見てみましょう。

明石家さんまさんの名言

  • 生きてるだけで丸儲け

これは皆さんご存知だと思います。ちなみにこの言葉は1800年代終わりの頃に別府温泉などを築いた油屋熊八さんの言葉だとも言われているようです。この言葉は禅宗の言葉から来ているようです。さんまさんの師匠で禅の考え方に影響を受けていた笑福亭松之助さんが弟子のさんまさんにおっしゃっていた言葉だそうです。人間裸で生まれてきて、死ぬときにパンツ一枚履いていたら(僕が昔さんまさんのラジオで聞いていた時は「シャツ一枚来たら」とさんまさんは言っていた記憶があるのですが)勝ちや。という意味だそうです。

  • 自分がもっと出来ると思うから落ち込む。何があってもこんなもんだと思っているから落ち込まない。

これもさんまさんの生きざまが出ているように思いました。さんまさんは四柱推命の命式と大運から見てもけっこう厳しい運勢の時をたくさん過ごされているように見えます。その厳しい運勢の時代に悟られた境地のような言葉に思えてしまいます。生きてるだけで丸儲けとリンクするような言葉ですね。僕がさんまさんのラジオを聞いていて何気なくさんまさんが言った一言。「わろ(笑)てたらええねん。」っていう言葉があったんですが、この言葉はラジオのリスナーがさんまさんたち、ラジオパーソナリティに相談するコーナーがあったんですが、その時に言った一言なんですが、なぜかこの一言が今もずっと心に残っています。この事に関して言えば、さんまさんは嫌なことがあっても面白い事が起きたと思うようにしているといったような言葉も昔おっしゃっていました。特にお笑い芸人なのでネタとして笑いに変えられるという事もあるのかもしれませんが、こういう考え方も幸せを呼ぶ考え方なのかもしれませんね。

  • 努力は報われると思う人はダメ。

これもさんまさんは、好きで楽しいからやっているだけというスタンスでいた方が良いと言います。結局努力してダメだったら元も子も無いですし、やっていて幸せかというとそうじゃないでしょうからね。さんまさんはこの事に関して、結果が全てというようなこともおっしゃっていました。何もしなくても成功したらそれでOK。うまういかなかったときに、努力したんですけどね。っていう人は多いですよね。でも結果失敗したら何にもならないんです。みんな努力努力って言いすぎで結果が全てであるというようなことをおっしゃっていました。努力云々ではなくて、結果を出すことがすごく大事という事ですね。

タモリさんの名言

  • 人間って自分がいかに下らない人間かを思い知る事で、スーっと楽になれる。

これもいつも肩の力を抜いて生きていらっしゃるように見えるタモリさんらしい考え方ですね。実はさんまさんも同じような言葉で「腹は立たない。腹を立てる器でもない。そんなに偉くない。腹立って起こりたい人は自分の事えらいとおもっているんじゃないの?」と言ったこともおっしゃっています。あんなにすごい2人が同じように自分をえらい人じゃないと思っているんですね。色んなことに腹を立てていた自分が恥ずかしいです。見習いたいですね。

  • 前を向いたってつまらない。後ろを振り返ったほうがあれが楽しかったって楽しい。

これに関しては明石家さんまさんは正反対のことをおっしゃっています。「後ろは振り返らない。」と。これは、正反対の事を言っているようにも見えますが、さんまさんの振り返らないは、「嫌な過去の事」で、タモリさんの振り返るは、「楽しかった過去の事」です。つまりは二人とも楽しい事に目を向け、嫌なことには意識を向けないという共通の考えを持っているという事ですね。特にさんまさんは幼少期に家庭の事でつらい思いをされているそうですので、そのことも思い出さないように生きていらっしゃるのかもしれません。とてもかっこいい生き方だと思います。見習いたいです。

  • やる気のある者は去れ。

これもタモリさんの名言ですね。タモリさんはよくテレビでも、やる気満々の新人スタッフが入ると嫌な気持ちだったそうです。変に力が入っていて、それを見ているのが嫌だったみたいです。だいたいそういうスタッフはすぐにやめていく人が多かったようです。きっと本人が仕事に疲れてしまうんでしょうね。

ビートたけしさんの名言

  • 数学は哲学。すべての事象、物事は数字で説明できる。生きるものすべては数字に支配されている。

これはたけしさんらしい名言です。たけしさんは本の中でこのことを詳しく説明されていました。まるでさんまさんの努力したではなく結果がすべてという考えに共通しているように思えてきます。

  • 昔から運も実力のうちって言葉がある通り、おいらも所詮人間の成功なんて運があるかどうかに尽きると思っている。

これもたけしさんらしいです。ビートたけしさんもやはり運というものに気を遣っていたんだなと思います。たけしさんはこのブログでも前にお話しした通り、トイレ掃除をよくされるそうです。しかもそれは自宅のみではなく、公園や飲み屋のトイレでも汚かったら掃除するそうです。トイレ掃除は運気を上げるという事でよく風水の本や、スピリチュアルの世界では言われていることなんです。たけしさんもそのことについては言及されていることもありました。自分がこれだけ社会で評価されるのは、トイレ掃除のおかげかも知れない。と。冗談で言ったのか本気で言ったのかは分かりませんが、ご本人もトイレ掃除が運気を上げる事と言われていることは知っているようですね。

  • 自分はまだ未熟だと言い訳にしているやつが多いが、君たちは完ぺきな人を見たことがあるのかい?俺はここまでの人生で出会っていないし、これから先も出会わないだろうよ。

これもたけしさんらしいですね。たけしさんは暴力映画をよく撮られますが、この考え方からもそういった映画作りに力を注がれているのがよくわかる気がします。人間って人を見て、過大評価する事ってよくあると思うんです。自分より少し能力が上なら何でもできるような人に思ってしまったり、そのために自分を卑下してしまったり。あの天才(どの世界の人でも)も初めは素人だったという事も言いたかったのかもしれませんね。

今回はビッグ3の名言を集めてみましたが、皆さんに共通するのは「人間なんてみんな、もちろん自分も含めて偉い生き物じゃない」っていう考え方や、自分なりに楽しい事にフォーカスを当てて生きていらっしゃるんだなという事ではなかったかなと思います。ビートたけしさんに至っては、死んだら楽になるんだから、今の人生の不幸な部分も楽しみたいというようなことまでおっしゃっていました。人生を楽しむことに関して皆さん達人クラスなんだろうなと思いました。

スピリチュアルの世界でも生きている間はずーっと楽しい事にフォーカスを当てる事は幸せな生き方をする上では超重要なことだとよく言われています。それはその人の過去の出来事にとってもです。

過去の嫌だった出来事にずっとフォーカスをあわせていては、不幸な現象を呼び寄せるだけです。嫌な過去の思い出は自分の都合のいいように書き換えられると斎藤一人さんもおっしゃっていました。都合のいいように解釈して過去を変えれば良いという事です。あのできごとがあったから今があるとか。あの出来事は意外と楽しかったとか。過去の嫌だった出来事って大概笑い話になることが多いんです。芸人のヒロシさんのネタのように。それが難しいなら楽しかった思い出をタモリさんのように思い出したらいいかもしれませんね。

さすがビッグ3の名言は幸せを呼び込みそうな名言ばかりでしたね。マネしたいです。

それではまた。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2020 All Rights Reserved.