みんなで幸せな人生を目指すブログ!

当たる四柱推命 荒川弘(あらかわひろむ)さんの命式

 
この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

今回は漫画、鋼の錬金術師を描いた荒川弘さんの命式を見てみましょう。

荒川弘さんは大人気漫画の鋼の錬金術師や、銀の匙等を描いた漫画家さんです。名前から男性のように思う人も多いのですが女性の方です。荒川さんの作品の中でも「鋼の錬金術師」は特に発行部数が多く、世界で7000万部以上売れています。

ではその荒川弘さんの命式です。

  • 年柱 癸 丑 印綬 冠帯
  • 月柱 丁 巳 傷官 病
  • 日柱 甲 辰    衰

現在の大運は2012年39歳の年から正官です。

荒川さんの日干です。甲の人は真面目でまっすぐ、曲がったことが大嫌いな人です。自分なりの正義感を持っていて、それに反する人にはとても怒ります。責任感が強く真面目で堅実ですが、短気なところがあります。他の有名人で同じ日干が甲の人は、石原慎太郎さん、松本人志さん、浜田雅功さん、東野幸治さん、田中裕二さん(爆笑問題)、岡村隆史さん、陣内智則さん、田村淳さん(ロンブー)、田島陽子さん、上沼恵美子さん、藤原紀香さん、ローラさん、倉木麻衣さん、中川翔子さん、東ちずるさん等です。

通変印綬傷官です。性格をより表す月柱には傷官があります。傷官の人は人に対して厳しいところがあります。感受性が強く、人のちょっとした一言にもイラっとしたりします。荒川さんは12運が弱い病ですし月柱の天干が陰の干の丁ですので、ストレートに出ないタイプかも知れません。このようなタイプの人の場合、イラっとしても怒鳴ったりせず、皮肉を言ったり、少し世の中を斜めに見るようなタイプになりがちです。ただし、感受性が強いために人が気づかない部分に気づいたり、感性が鋭くなり、文才や、芸事などに才能を発揮したりもします。職人的な仕事にもその才能を発揮します。年柱の印綬は真面目で学問や研究に才能を発揮します。頭も良く家族想いです。同じ印の星の偏印ほどではありませんが、芸術や芸能にも才能を発揮します。

12運冠帯、病、衰です。月柱にはがあります。病の人は何かに対してとてもこだわりが強いです。その1つの事に固執します。また、優しそうな人の好さそうな雰囲気を持ちますので、人から大事にされます。直観力も鋭い方です。年柱の冠帯は前向きでポジティブ、活動的です。ついカッとなって喧嘩っ早くなることもあります。服装は華やかなものにする方が運勢的には良いです。日柱のはセンスがあり、人のサポート役がとても上手です。キャプテン翼で言う岬君タイプと言えるかもしれません。落ち着きのある伝統的なものを好みます。知識も豊富です。

◎荒川弘さんの大運の巡り◎

荒川さんの立運は9歳の年です。最初の大運は偏財です。偏財の時期はとても良い時期になります。活動的で、人気もあり、運勢的にもすごく良いです。大人でしたら金運も良い時期になります。色んなことにチャレンジしたり、楽しいことも多くなる時期です。異性運もとても良いです。

1992年19歳の年に大運は正財になりました。正財の時期も偏財の時期と同じように運勢的にはとても良い時期となります。ただ、この正財は保守的な部分が強くなり、活発に動き回っていた偏財の時期に比べると、家で過ごすなどする時間が増えます。友人も気の合う仲間と少人数で過ごす事が多くなります。荒川さんはこの大運と命式が少し相性の悪い部分がありますので凶作用も少し出ます。慎重さに欠いた失敗などが起こりやすいです。荒川さんは高校を卒業後は家業の農業を手伝いながら漫画の投稿等をしていたそうです。この大運の1999年漫画賞の大賞受賞して漫画家としてデビューします。その後アシスタントを数年経験後、2001年に鋼の錬金術師の連載がスタートします。

2002年29歳の年に大運は偏官になります。偏官の時期はとてもストイックになり、頑張りすぎるぐらい頑張ってしまします。やらなくていいような仕事をして余計に忙しくなったり、危ない橋があると分かっていてもつい渡ってしまったりするような時期です。ですのでこの時期には精神的にしんどい事も増えます。闘争心も強く出てきます。こういった闘争などの戦いの星である偏官の影響も作品に出るのかもしれません。この時期は荒川さんの作品は戦いの物が多いようですし、他の漫画家さんでも命式に偏官のある漫画家さんは戦い物の漫画を描く人が多い気がします。(戦う漫画自体が多いというのもあるかもしれませんが)荒川さんはこの時期には2001年からスタートした鋼の錬金術師を2010年まで描き続けますし、他の連載も2006年「百姓貴族」、2007年から「獣神演武」の連載を開始します。同時期にこれほどの物を書き続けるというのは驚異的です。これも大運偏官のなせる業なのかもしれません。鋼の錬金術師の終わった翌年の2011年からは銀の匙の連載がスタートします。

2012年39歳の年に大運は正官になります。この正官は品がよく真面目さが強く出ます。コツコツと地道に生きていって、ある程度の評価を得られたりもします。また、権威、権力などに興味も出ますし、そういったものに縁もあります。サラリーマンなら出世したりする時期となります。この時期は荒川さんの命式と少し相性の悪さも出ますので少しだけ凶作用も出ます。出る現象としては対人トラブルや、感情や、神経が過敏になり、精神的につらい思いをしたりもありがちな時期です。荒川さんはこの時期には前年の2011年からスタートした銀の匙の連載を2019年まで続けます。また、2013年からは小説のアルスラーン戦記を漫画にして連載しています。

荒川弘さんの命式と大運の巡りを見てきましたが、漫画家さんの描く漫画にはその人の命式に現れる星の影響を受けたかのような作風になる事が多いなと前から思っていましたが、大運にも影響を受けているのかもしれません。これから何か作品を作ったりする方は自分の命式や大運に合ったようなものを作ると良いものが出来る可能性が高まるかもしれません。

荒川さんは2022年から大運は偏印になります。偏印は芸術や芸能、音楽など、文化的な面で活躍が期待できる時期です。アイデアも豊富になりますので漫画家さんにとっては良い時期になる物と思います。

それではこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
森さん
四柱推命士の森が皆さんと一緒に幸せになろうと楽しんでいくブログ。 メルカリでも占い始めました。お気軽にお声かけ下さい! https://www.mercari.com/jp/u/247955093/ コメントをくれた方、申し訳ないです。いままでアイフォンに転送してたんですがフィルターにかかっちゃって届かなかったんです。(フィルターはもう解除しました)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運😊運気アップ占い! , 2020 All Rights Reserved.